大学院 看護学研究科

看護学研究科長からのメッセージ

看護学研究科(博士前期課程・博士後期課程)がめざすもの拓く未来への道!

わが国は、世界に類を見ない少子高齢化を迎えており、高齢者の増加は保健・医療・福祉の状況を大きく変化させています。一方、少子化が進むことにより、生産年齢層に対する種々の心身・社会的負担の増加等が惹起され、全年齢層の健康ニーズは今までとは様相を変えてきております。また、加速度的スピードで変化を続ける国内外の経済・社会情勢、情報化社会の進展、生活環境の変化等により、国民の健康ニーズは多大な影響を受けることになります。複雑な健康ニーズが拡大し、保健・医療・福祉の現場では、健康課題(問題)に対して、的確な予防・改善・解決に向けての看護の需要がますます増大し、その質の向上が求められております。高齢化現象とそれに伴う疾病構造の変化、先端医療技術の進歩、保健・医療・福祉制度の変革など看護を取り巻く社会環境への適応も期待されております。

広島文化学園大学は、地域社会に対して看護基礎教育の高度化の必要性に応えるため、 1999(平成11)年、呉市に看護学部を設置いたしました。また、地域社会の保健・医療・福祉に対応して、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成するために、2004(平成16)年に看護学専攻修士課程を設置しました。

わが国の15万人以上の市の中で、高齢化率がトップの呉市にある大学として、少子高齢化対策のための先端的研究をすべきであり、ケアシステムの構築や質の高いサービスの実施、及びアウトカム強化等を追究し、研究によって得られたエビデンスを用いた高度で質の高い看護実践が提供できる看護師の育成が重要な使命であると考えております。そこでこれらの課題への対応のために、2012(平成24)年に課程の変更を行い、博士後期課程を設置するとともに、看護学専攻修士課程を博士前期課程といたしました。

看護学研究科(博士前期課程、博士後期課程)では、社会の変化や人々のニーズによって生じる様々な看護問題に対応できる高度な看護実践者や管理者、教育研究者の育成をめざして、新しい未来への道を拓いていく所存です。

看護学研究科長挨拶  河野 保子

看護学研究科の概要

博士前期課程

博士後期課程

入試情報

大学院看護学研究科の入試

看護学研究科からのお知らせ

「職業実践力育成プログラム」(BP)認知症看護エキスパート養成プログラム受講生募集

詳しくはこちらの募集要項を参照

呉 阿賀キャンパス

〒737-0004
広島県呉市阿賀南2−10−3
TEL 0823-74-6000