大学紹介

学長メッセージ

広島文化学園大学
広島文化学園短期大学
学長 坂越正樹

広島文化学園大学は、広島市(長束キャンパス)、呉市(阿賀キャンパス・郷原キャンパス)、坂町(坂キャンパス)、の4キャンパスからなり、4学部6学科、2研究科(博士前期・後期課程)2専攻において教育・研究活動を行っています。また、平成30年4月から健康をコンセプトにスポーツと福祉を融合させたユニークな人間健康学部(スポーツ健康福祉学科)が発足しました。

広島文化学園短期大学3学科は、広島文化学園の発祥の地である広島市(長束キャンパス)にあり、大学と短大あわせて2,000人余の学生が学んでいます。

広島文化学園大学・短期大学は、建学の精神「究理実践(実践を伴う理論の追求)」に基づき、学生の主体的な学びを推進し、しっかりと「育てる」教育を行い、一人ひとりの夢や希望を実現することを教育方針にしています。

学生の皆さんにはその夢や希望を実現させていくために、在学中に3つの力を身につけることを求めています。第1に「人間力」で、深い教養を持つ人間性の形成です。第2に「専門力」で、専門的な知識・技術や問題解決能力の育成です。第3に「キャリア形成力」で、実社会に貢献できる実務的な資格や技術の習得と長期的なキャリア展望を見通す態度の育成です。変革の激しい社会を乗り切る力量として、これら3つの力を身につけることができるように教育課程の編成を行っています。

さらに、自律した社会人として自らの世界を切り拓いていくためには、サークルやクラブ活動、ボランティア、地域連携活動等、カリキュラム外の多様な活動体験も欠かせません。広島文化学園大学・短期大学は、学生の自主的な取り組みを支援し、幅広い可能性にチャレンジできる環境を整えています。

現代はAIやSociety5.0の語に代表される超高度技術情報化社会ですが、そこでも周りの人と協力して課題に取り組む力、困難な状況に向き合った時の耐性など、いわゆる汎用的なコンピテンシー(能力・態度・志向)が求められることに変わりありません。本学ではこのような「生きる力」の伸長を目に見える形で学生が自覚し、教員が導き、さらに社会に認知してもらえる「学修履歴証明」の仕組みを導入して、広島文化学園ブランドの人材を社会に輩出していきます。

広島文化学園大学・短期大学は、1964年創設後、半世紀を超える歴史を有し、すでに2万人を超える卒業生が健康・医療・福祉・教育の分野など、対人援助を主とする専門的職業人として活躍しています。今後も有為な人材を育成することにより、地域社会及び国際社会の発展に寄与していく所存です。