食物栄養学科

栄養士の魅力2018

おいしい食事を届けたい。だから、調理のできる栄養士になる!

食物栄養学科は厚生労働省から認定された「栄養士養成施設」です。栄養士法に定められた科目を履修することで栄養士免許を取得することができます。食と健康に関わる専門的な知識と技能を養い、健康で人間性豊かな生活づくりを指導できる栄養士の育成をめざしています。

MORE

取得できる資格

卒業後の進路

多彩な現場で卒業生が活躍しています!資格を活かして毎年、食の専門職に9割が就職!

01

栄養士 株式会社ナリコマエンタープライズ

食物栄養学科2017年3月卒業
広島県立吉田高等学校出身
丸田 萌さん

栄養士になりたくて食物栄養学科で調理や栄養について2年間学び夢を叶えました。就職して実務に携わり始め、短大で学んだことの大切さに毎日気付かされます。今では、少し周りを見る余裕が生まれ、イベントや利用者の方との会話などを楽しむこともでき、栄養士としてのやりがいを感じる毎日です。短大で学んだ基本を忘れずにこれからも頑張ります。

02

社会福祉法人 寿老園老人ホーム

食物栄養学科2017年3月卒業
広島県立五日市高等学校出身
網本 恵理さん

食事、栄養は生活の基本だと考え、栄養士の免許を取ると決意して食物栄養学科で学びました。短大の校外実習に行ってさらに栄養士になりたいと強く思い、就職も希望したところに就職できました。短大では調理技術が格段に進歩したので、現在の業務でとても助かっています。利用者の方々に提供する食事の安心・安全にも気を配りながら栄養士として自信をつけていきたいです。

03

栄養士 社会福祉法人 誠和会 認定子ども園 こくふ子ども園

食物栄養学科2017年3月卒業
島根県立益田翔陽高等学校出身
宇津 美波さん

短大でライフステージの栄養学を勉強して、成長における食の違いを学んだことで、保育園で働きたいと思うようになりました。今は、約150人の給食の調理、献立や給食だよりの作成をしています。おやつも全て手作りで毎日忙しいですが、短大で自分と同じ目標や意識を持っている友人と出会えたことで、現在も楽しく元気に過ごすことができています。

04

調理機器メーカー 株式会社フジマック

食物栄養学科2017年3月卒業
社会人入学
笠井 文さん

現役生だけではなく、私のように社会人入学の方も多い学科で、対話の中で学ぶことがたくさんありました。年齢は関係なく、幅広く交友関係を築くことで、栄養の知識以外にも、人との接し方、会話力が自然と身に付きました。この力は、現在、調理機器の営業職をしていく上で大きな力となっています。広島文化学園で学んだ2年間は、自分が成長するための大切な日々だったと実感しています。

授業紹介

食物栄養学科では特に実習や実験といった体験型カリキュラムを重視し、1クラス25人編成できめ細かい指導を行っています。また、セミナー&チューター制を導入し、少人数制のセミナーでは生活指導、研究指導、就職指導などを一人の先生(チューター)がきめ細かに指導し、充実した学生生活をサポートしています。

  • 栄養指導各論実習
  • 給食計画・実務論実習
  • 調理実習(初級)
  • ライフステージの栄養学実習
MORE

行事紹介

食物栄養学科では入学前から卒業まで、授業以外の学科行事が充実した学生生活をサポートします。

MORE

地域連携・ボランティア活動

食物栄養学科では、栄養士としての実践力を身につけるために、ボランティア活動として、ひとり暮らしの高齢者にお弁当を宅配したり、大学に招いてのクリスマス会を開催しています。また、フード関連イベントなどへも積極的に参加し、地域の方と交流を図っています。

MORE

専攻科栄養専攻はこちら

社会人と共に学ぶ

教員紹介

教員紹介はこちら