食物栄養学科

栄養士の魅力2019

おいしい食事を届けたい。だから、調理のできる栄養士になる!

食物栄養学科は厚生労働省から認定された「栄養士養成施設」です。栄養士法に定められた科目を履修することで栄養士免許を取得することができます。食と健康に関わる専門的な知識と技能を養い、健康で人間性豊かな生活づくりを指導できる栄養士の育成をめざしています。

MORE

取得できる資格

卒業後の進路

多彩な現場で卒業生が活躍しています!資格を活かして毎年、食の専門職に9割が就職!

01

栄養士 株式会社ナリコマエンタープライズ

食物栄養学科2017年3月卒業
島根県・出雲北陵高等学校出身
平井 亜季さん

私は、人のためにも自分のためにも役立つ職業である栄養士を選びました。短大では、短期間で調理技術を身に付けることが必要なので、集中して技術を学びました。自分の成長がすぐに実感できるので、やりがいがありました。栄養士になってすぐの頃は、目の前の事で精一杯でしたが、ようやく周りを見る余裕ができ始めています。社会人になっても、短大のときと同様に、栄養士として成長できるように努力を続けていきます。

02

調理員 社会福祉法人 燈心会 三瀧苑

食物栄養学科2018年3月卒業
広島市立沼田高等学校出身
梶川 実夢さん

「調理ができる栄養士」というスローガンにひかれて食物栄養学科を選び、調理技術を基礎から学びました。調理を仕事に生かす栄養士をめざすなら最高の学校だと思います。短大の勉強や生活に不安があった私ですが、先生方の指導で社会人としてしっかり自立する心を養うことができました。今は、利用者の方々のことを考えながら、心をこめて食事を提供し、やりがいを持って頑張っています。

03

栄養士 株式会社アイグラン あい保育園

食物栄養学科2016年3月卒業
広島県立海田高等学校出身
仲部 笑子さん

食物栄養学科は、調理実習を大切にし、圧倒的に実習が多いです。調理の基本は栄養士の現場でとても重要です。私は、保育所に栄養士として勤務していますが、短大での充実した学びや実習の経験が役立っています。今は、衛生管理や異物混入、アレルギーを持つ子どもたちの誤食などに特に気を付けています。もちろん自分の健康管理も重要なので、健康で元気な栄養士として子どもたちの食を支えています。

04

調理機器メーカー 株式会社フジマック

食物栄養学科2016年3月卒業
広島県立千代田高等学校出身
室﨑 悠里さん

私は現在、総合厨房機器メーカーで調理アドバイザーとして勤務しています。お客さまに対して実際に調理を行いながら機器の活用方法についてクッキングライブを実施。展示会などでの調理のお悩み相談も受け付けています。短大で身に付けた実技経験や栄養の知識が役立ち、少しずつ自信も付いてきました。モットーは「常に挑戦」。新しいことにも挑戦して、あらゆる現場で活躍できる栄養士をめざします。

授業紹介

食物栄養学科では特に実習や実験といった体験型カリキュラムを重視し、1クラス25人編成できめ細かい指導を行っています。また、セミナー&チューター制を導入し、少人数制のセミナーでは生活指導、研究指導、就職指導などを一人の先生(チューター)がきめ細かに指導し、充実した学生生活をサポートしています。

  • 栄養指導各論実習
  • 給食計画・実務論実習
  • 調理実習(初級)
  • ライフステージの栄養学実習
MORE

行事紹介

食物栄養学科では入学前から卒業まで、授業以外の学科行事が充実した学生生活をサポートします。

MORE

地域連携・ボランティア活動

食物栄養学科では、栄養士としての実践力を身につけるために、ボランティア活動として、ひとり暮らしの高齢者にお弁当を宅配したり、大学に招いてのクリスマス会を開催しています。また、フード関連イベントなどへも積極的に参加し、地域の方と交流を図っています。

MORE

専攻科栄養専攻はこちら

社会人と共に学ぶ

教員紹介

教員紹介はこちら