看護学科

English

時代のニーズに合ったプロフェッショナルナースを目指します。

看護技術と技術を裏付ける理論的な知識を学び,学生一人ひとりが看護専門職者としての将来設計を自分で構築,キャリア形成する力を育てます。

MORE

取得できる資格

全員が目標とし取得する資格

資格取得支援

個人が目標とし取得する資格(コースによる)

※保健師資格取得後申請により取得可能

卒業後の進路

全国の大学病院・総合病院等で活躍しています。平成28年度は、市町村の保健師や広島県の養護教諭として採用された卒業生もいます。本学部で4年間じっくり学ぶことで、将来、看護のリーダのみならず、保健師や養護教諭への道も開かれます。

01

安心して暮らせる町づくりのために、これからも頑張ります。

看護学科 2008年3月卒業
広島県立広島皆実高等学校出身
佐伯 真理さん
公務員 府中町役場消防本部 予防課 予防係 消防士長

府中町役場で、消防本部予防課に所属しています。現在は、出火防止を図るための広報活動や町民と一緒になって火災の未然防止活動に務めています。高校生の時、実際に救急の現場で働いている隊員の方の姿を見て、憧れを抱いたことがこの仕事をめざしたきっかけとなりました。看護師の国家試験と公務員試験、2つの資格取得は大変でしたが、大学の先生方のサポートをはじめ、同じ目標に向けて励む仲間がいたからこそ、憧れていた仕事に就くことができました。火災は時に命をも奪ってしまいます。こうした被害を未然に防止するためにも、地域一丸となって任務に努めていきたいと思っています。

02

チームワークを大切に、これからも多くの命を救いたいです。

看護学科2005年3月卒業
兵庫県立宝塚西高等学校出身
中田 徹朗さん
看護師 宝塚市立病院 救急医療センター 主任 看護認定看護師

現在は救急科で、救急看護認定看護師として救急外来・急性期の患者さんのケアなどを行っています。また、「DMAT」(災害派遣医療チーム)にも在籍しており、災害時には現場に向かい、一人でも多くの命を救うために努めています。救急医療の現場は、迅速で的確な対応と、チームの円滑な連携が欠かせません。その時に思い出すのはこの大学で過ごした4年間です。実習や試験勉強の中で大きな壁があっても、仲間と協力し合うことで乗り越えていきました。こうして仲間とたくさんのことを達成した大学での経験は、現在もチームで連携し、働いていくなかでも生かされていると実感しています。

授業紹介

豊かな人間性を育む看護専門職者へのステップとして,幅広い一般教養,看護の理論から看護の基礎知識,実践力を養う看護学実習,そして専門性を深める看護研究までの充実した学びができます。

  • 援助方法論I
  • 看護学原論I
  • 職業選択とアイデンティティ
  • 老年看護学概論
MORE

行事紹介

看護学科では,年間を通して学内・学外での様々な行事があります。学生は地域や社会との連携,様々な行事を通して,日々,成長していきます。

MORE

地域連携・ボランティア活動

看護学科では,様々な地域連携やボランティアに学生が参加しています。座学では学ぶことの出来ない看護師になるための必要な知識を地域の皆様とともに学ばせて頂いています。

MORE

高校生のための公開講座

看護学部では、日頃おこなっている講義を高校生の皆さんに公開しています。
大学ではどのような講義をしているのか、それを体験してみませんか?

詳しい日程や内容は、以下のリンクを参照し、お申し込みください。

公開講座の詳細はこちら

お問い合わせ


広島文化学園大学看護学部 教務係
Tel:(0823)-74-6000
E-Mail:nyushi@hbg.ac.jp

教員紹介

教員紹介はこちら