大学

1.ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

広島文化学園の建学の精神「究理実践」に基づき,深く専門の学術を教授研究するとともに, 豊かな人間性と総合的な判断力を身に付けた学生に,学士の学位を授与する。

  • (1)深い教養と人間性を有し,創造的態度と志向性を有している。
  • (2)対人援助に係る専門的な知識・技術や問題解決能力,思考力を有している。
  • (3)地域の教育,文化,支援など,社会に積極的に貢献できる指導力,応用力を有している。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

ディプロマ・ポリシーに基づき,深い教養をもつ人間性の形成(人間力), 専門的な知識・技術や問題解決能力の育成(専門力),社会の変化に対応し, 社会に貢献できるキャリアの育成(キャリア形成力)を基本として,各学部・学科の教育目標達成のために, 学習者中心の視点に依拠した教養教育・専門教育・職業教育に関わるカリキュラムを編成する。

(1)学修方法 授業は,講義,演習,実験,実習,実技のいずれかの形式により行う。
学生自身が主体的・能動的に学修するアクティブ・ラーニングを取り入れ,理論と実践を往還する学修を行う。
また,授業ごとに,必要な予習・復習を行うこととする。
(2)学修内容 1)1年次には,本学で学修する上で必要不可欠な知識・技能・表現力を修得するために,全学共通の「フレッシュマンセミナー」など教養教育を中心に配置する。
2)2年次以降は,各学部・学科における専門教育・職業教育の中核となる科目を配置する。
3)各学部・学科の核となる専門の理解を深め,拡充するために,総合的で多様な科目を配置する。
(3)学修成果の評価 ディプロマ・ポリシーに基づき,各授業科目の位置付けをカリキュラムマップで示し,「最終到達目標」への到達状況より評価する。なお,学修成果を総合的に判断し,評価する指標として,GPAを活用する。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

建学の精神「究理実践」に基づく教育目的を理解し,修学に必要な基礎的知識・技能,思考力・判断力, 他者と協働して学ぶ態度を持ち入学を希望する人を,多様な入学者選抜方法により受け入れる。

  • (1)入学後の学修に必要な基礎的能力を有している。
  • (2)支援や地域の共生,地域貢献に関心を有している。
  • (3)ボランティアの経験など社会的な活動に関心を有している。
  • (4)対人支援専門職に志を有している。
  • (5)社会の様々な分野で貢献し,活躍しようとする意欲を有している。