食物栄養学科

1.ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

食と健康に関わる専門的な知識と技能を養い、栄養士として健康的で人間性豊かな生活づくりを指導できる人材を育成することを目的とする。
食物栄養学科では、所定の単位を修得し、以下に挙げることを身に付けた学生に卒業を認定し、短期大学士(栄養学)の学位を授与する。

(1)知識・理解 1)栄養士として必要な「社会生活と健康」「人体の構造と機能」「食品と衛生」「栄養と健康」「栄養の指導」「給食の運営」に関する最新の知見を取り入れた専門的知識を理解している。
2)栄養士の役割について理解している。
3)社会的自立を図るために必要な技能を身に付けている。
(2)汎用的技能 1)栄養士として必要な専門的技能を修得している。
2)対象者一人一人の状態に応じた献立作成、調理、栄養指導ができる。
3)社会的自立を図るために必要な技能を身に付けている。
(3)態度・志向性 1)対象者一人一人の食生活に即した栄養指導を構想することができる。
2)自らの食生活を振り返り、自己評価することができる。
(4)総合的な学習経験と創造的思考力 1)これまでに獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用できる。
2)自ら課題を立て、その課題の解決に取り組むことができる。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

食物栄養学科では、卒業認定・学位授与の要件を身に付け自立した社会人を育成するために、学習者中心の視点から学生のニーズに対応して、教養教育・専門教育・キャリア教育の三位一体となった教育課程を編成し、学生が主体的・能動的に学修するアクティブ・ラーニングや実践活動を重視した教育を実施する。

(1)学修方法 1)実施する授業の形態は、講義、演習、実験、実習のいずれか、又は、これらの併用により行う。
2)各授業の実施に当たっては、積極的にアクティブ・ラーニングを取り入れる。
3)栄養士として地域の健康づくりに貢献する姿勢を養うため、実践の機会を設けたカリキュラム編成とする。
(2)学修内容 1)教養教育、専門教育、キャリア教育に関する授業科目をバランスよく配置するとともに、栄養士免許、栄養教諭二種免許状、フードスペシャリスト受験資格を取得するために必要な科目を取り入れたカリキュラム編成にする。
2)大学への適応及び学修スキルの修得等のための初年次教育は、多様な入学生が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できるよう、少人数制の「セミナーⅠ」「セミナーⅡ」で実施する。
(3)学修成果の評価 1)ディプロマ・ポリシーに示す4つの区分ごとに「最終的な学習到達目標」と「具体的な下位項目」を食物栄養学科のカリキュラムマップで示し、各授業科目の単位認定によりその達成状況を評価する。
2)学生の学修成果を総合的に判断する指標として、GPAを活用する。特に、GPAの得点が低い学生に対しては、チューターが適切な個別指導を行う。
3)学科における学修の集大成として、卒業研究を位置付け、総括的に評価を行う。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

食物栄養学科では、ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて、入学後の修学に必要な基礎的能力及び目的意識と学ぶ意欲を持ち、本学及び食物栄養学科の教育内容を理解し、本学及び食物栄養学科の教育を通して精神的自立、経済的自立を目指そうとする人を受け入れる。食物栄養学科に入学を希望する者には具体的に次のことを求める。

  • (1)高等学校の教育課程を幅広く修得し、入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
  • (2)身近な問題について自ら考えその結果を表現できる力を有している。
  • (3)基本的なコミュニケーション能力(自分の考えを相手に伝える、相手の質問に的確に答える等)を有している。
  • (4)食物栄養学科での学びや経験を社会で生かしたいという意欲や目的意識がある。
  • (5)食物栄養学科の教育内容を十分に理解している。

1.ディプロマ・ポリシー(修了の認定に関する方針)

短期大学で修得した専門科目の教育の基礎の上に、栄養に関するより精深な専門的理論と技能を教授し、健康づくりのための栄養指導を推進できる、優れた栄養士を育成することを目的とする。
専攻科栄養専攻では、所定の単位を修得し、以下に挙げることを身に付けた学生に修了を認定する。

(1)知識・理解 1)管理栄養士を目指す上で必要な専門基礎分野「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」について理解している。
2)管理栄養士を目指す上で必要な専門分野について理解している。
(2)汎用的技能 1)管理栄養士を目指す上で必要な技能を修得している。
2)栄養指導に必要なコミュニケーション能力を修得している。
(3)態度・志向性 1)実践となる地域貢献活動に参加しリーダーとして積極的に行動できる。
2)健康づくりのための栄養指導を意欲的に実行でき、理論的に意見を述べることができる。
(4)総合的な学習経験と創造的思考力 1)健康のために必要な栄養指導について深く検討し自己評価できる力を身に付けている。
2)探究心の表れである研究活動の内容を理解し考察することができる。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

専攻科栄養専攻では、修了認定に係る要件を身に付け、専門的理論と技能を有する栄養士を育成するために、学習者中心の視点から学生のニーズに対応した教育課程を編成し、学生が主体的・能動的に学修するとともにアクティブ・ラーニング、実践活動、研究活動を重視した教育を実施する。

(1)学修方法 1)実施する授業の形態は、講義、演習、実験、実習のいずれか、又は、これらの併用により行う。
2)各授業の実施に当たっては、積極的にアクティブ・ラーニングを取り入れる。
3)授業内容には研究活動に関連する知識、技能が考慮される。
4)栄養士として地域の健康づくりに貢献する姿勢を養うため、実践の機会を設けたカリキュラム編成とする。
(2)学修内容 1)幅広い教養や、専門科目との関連性をさらに深める。
2)より高度な理論(食品・栄養・健康)を基本にして、さらなる実践を積み重ねる。
3)4年制大学の卒業論文に該当する「特別研究」を設置することで探究心を向上させる。
4)学士(栄養学)の取得に必要な単位を充足させ、管理栄養士に関わる専門的科目を充実させる。
(3)学修成果の評価 1)各授業科目の単位認定によりその達成状況を評価する。
2)学生の学修成果を総合的に判断する指標として、GPAを活用する。特に、GPAの得点が低い学生に対しては、チューターが適切な個別指導を行う。
3)専攻科栄養専攻における学修の集大成として、特別研究を位置付け、総括的に評価を行う。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

専攻科栄養専攻では、ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて、入学後の修学に必要な能力及び目的意識と学ぶ意欲を持ち、本学及び専攻科栄養専攻の教育内容を理解し、本学及び専攻科栄養専攻の教育を通して精神的自立、経済的自立を目指そうとする人を受け入れる。本専攻科に入学を希望する者には具体的に次のことを求める。

  • (1)人の健康・栄養・食物に関心を持ち、より専門性を高めて優れた栄養士として社会の中核で活躍することを目指している。
  • (2)專門の知識・技術を自ら実践・応用し、研究活動に取り組むことができる。
  • (3)地域貢献活動に積極的に参加し、リーダーとして活躍できる。
  • (4)短期大学において栄養士に必要な基本的知識や技術を身に付け、栄養士の資格を取得していることが望ましい。