保育学科

1.ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

保育・幼児教育に関する専門的知識と技能を養うとともに、社会の多様な保育ニーズに対応できる実践力と豊かな人間性を有した保育者を養成することを目的とする。
保育学科では、所定の単位を修得し、以下に挙げることを身に付けた学生に卒業を認定し、短期大学士(保育学)の学位を授与する。

(1)知識・理解 1)保育の本質と目的について理解している。
2)保育に関する基本的知識を理解している。
3)子どもの心身の健康や発達について理解している。
4)社会的自立を図るために必要な知識を理解している。
(2)汎用的技能 1)子ども一人一人の生活や発達過程に応じた援助ができる。
2)音楽、図画工作、体育等の基礎技能を身に付けて指導することができる。
3)社会の多様なニーズに柔軟に対応できる。
4)社会的自立を図るために必要な技能を身に付けている。
(3)態度・志向性 1)子どもの最善の利益を尊重することができる。
2)正しい価値観・倫理観と判断力を身に付け、自立した大人として市民としての責任を持った行動ができる。生涯学び続ける意欲を持つことができる。
3)チームワークを大切にし、リーダーシップをとることができ、周囲と良好なコミュニケーションをとることができる。
(4)総合的な学習経験と創造的思考力 1)これまでに獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用できる。
2)自ら課題を立て、その課題の解決に取り組むことができる。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

保育学科では、卒業認定・学位授与の要件を身に付けた社会人を育成するために、学習者中心の視点から学生のニーズに対応して、教養教育・専門教育・キャリア教育の三位一体となった教育課程を編成し、学生が主体的・能動的に学修するアクティブ・ラーニングや実践活動を重視した教育を実施する。

(1)学修方法 1)教養に関する教育科目、専門・職業に関する教育科目を規程に即して設定し、講義、演習、実験、実習、実技指導等、教育目的に適した形式の授業を実施する。
2)学生が主体的・能動的に学修できるアクティブ・ラーニングの教育環境を準備し、可能な限りこの方法を取り入れる。
3)学内外での行事やボランティア活動、地域連携活動等、実践を通した学びの機会をつくる。
(2)学修内容 1)幅広く深い教養を培い、豊かな人間性を涵養するための教養科目を配置する。
2)教育職員免許法施行規則に定められている教育内容と単位数を充足する科目を設け、幼稚園教諭として必要な最新の知見を取り入れた専門的知識と技能を養うための体系的なカリキュラム編成とする。
3)児童福祉法施行規則に定められている教育内容と単位数を充足する科目を設け、保育士として必要な知識と技術、及び人間性が身に付けられるような総合的なカリキュラム編成とする。
4)大学への適応及び学修スキルの修得等のための初年次教育は、多様な入学生が自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できるよう、少人数制の「セミナーⅠ」「セミナーⅡ」で実施する。
(3)学修成果の評価 1)ディプロマ・ポリシーに示す4つの区分ごとに「最終的な学習到達目標」と「具体的な下位項目」を保育学科のカリキュラムマップで示し、各授業科目の単位認定によりその達成状況を評価する。
2)学生の学修成果を総合的に判断する指標として、GPAを活用する。特に、GPAの得点が低い学生に対しては、チューターが適切な個別指導を行う。
3)保育・幼児教育の実践者として必要な学修の状況(知識・理解、技能、人間性)について、各教科、実習、日常の行動等を通して総合的に評価する。
4)学科における学修の集大成として、卒業研究を位置付け、総括的に評価を行う。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

保育学科では、ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて、入学後の修学に必要な基礎的能力及び目的意識と学ぶ意欲を持ち、本学及び保育学科の教育内容を理解し、本学及び保育学科の教育を通して精神的自立、経済的自立を目指そうとする人を受け入れる。保育学科に入学を希望する者には具体的に次のことを求める。

  • (1)高等学校の教育課程を幅広く修得し、入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
  • (2)身近な問題について自ら考えその結果を表現できる力を有している。
  • (3)基本的なコミュニケーション能力(自分の考えを相手に伝える、相手の質問に的確に答える等)を有している。
  • (4)保育学科の教育内容を十分に理解し、学ぶ意欲がある。
  • (5)保育学科での学びや経験を社会で生かしたいという意欲や目的意識がある。

1.ディプロマ・ポリシー(修了の認定に関する方針)

短期大学で修得した専門教育の基礎の上に、保育に関するより高度な専門的理論と技能を教授し、子どもの最善の利益を理解し、推進することのできる保育者を育成することを目的とする。専攻科保育専攻では、所定の単位を修得し、以下に挙げることを身に付けた学生に修了を認定する。

(1)知識・理解 1)保育の本質と目的について広く深く理解している。
2)子どもの心身の健康や発達について広く深く理解している。
(2)汎用的技能 1)子ども一人一人の生活や発達過程に応じた高度で適切な援助ができる。
2)音楽、図画工作、体育等の基礎技能を身に付けて、高度な指導力を有する。
3)社会の多様なニーズに適切に対応できる。
(3)態度・志向性 1)子どもの最善の利益を理解し、推進することができる。
2)正しい価値観と判断力を身に付け、自立した大人として責任のある行動ができる。
3)協働性を重んじ、社会の一員として行動できる。
(4)総合的な学習経験と創造的思考力 1)これまでに獲得した知識・技能・態度等を総合的に、より専門的に活用できる。
2)広い視野で自ら課題を発見し、その課題解決に取り組むことができる。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

専攻科保育専攻では、修了認定に係る要件を身に付け、専門的理論と技能を有する保育者を育成するために、学習者中心の視点から学生のニーズに対応した教育課程を編成し、学生が主体的に・能動的に学修するとともにアクティブ・ラーニング、実践活動、研究活動を重視した教育を実施する。

(1)学修方法 1)実施する授業の形態は、講義、演習、実習のいずれか、又は、これらの併用により行う。
2)各授業の実施に当たっては、積極的にアクティブ・ラーニングを取り入れる。
3)授業内容には研究活動に関連する知識、技能が考慮される。
4)保育者として地域の子育て支援に貢献する姿勢を養うため、実践の機会を設けたカリキュラム編成とする。
(2)学修内容 1)幅広い教養や、専門科目との関連性をさらに深める。
2)より高度な理論(保育・教育・福祉)を基本にして、さらなる実践を積み重ねる。
(3)学修成果の評価 1)各授業科目の単位認定によりその達成状況を評価する。
2)学生の学修成果を総合的に判断する指標として、GPAを活用する。特にGPAの得点が低い学生に対しては、チューターが適切な個別指導を行う。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

専攻科保育専攻では、ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて、入学後の修学に必要な能力及び目的意識と学ぶ意欲を持ち、本学及び専攻科保育専攻の教育内容を理解し、本学及び専攻科保育専攻の教育を通して精神的自立、経済的自立を目指そうとする人を受け入れる。本専攻科に入学を希望する者には具体的に次のことを求める。

  • (1)保育・教育・福祉に関心を持ち、より専門性を高めて優れた保育者として社会の中核で活躍することを目指している。
  • (2)専門の知識・技術を自ら実践・応用し、研究活動に取り組むことができる。
  • (3)地域貢献活動に積極的に参加し、リーダーとして活躍できる。
  • (4)短期大学において保育者に必要な基本的知識や技術を身に付け、保育士及び幼稚園教諭二種免許状を取得していることが望ましい。