食物栄養学科 卒業後の進路

活躍する卒業生

2017年度進路状況

資格を生かして食の専門職に9割が就職!

卒業生の進路状況 円グラフ

主な就職先

給食産業 日清医療食品(株)、富士産業(株)、(株)ナリコマエンタープライズ、アイサービス(株)、(株)Laugh、伸陽産業(株)、(一財)学校福祉協会、エームサービス(株)、(株)日米クック、(株)LEOC、(株)魚国総本社、シダックスフードサービス(株)、広島アグリフードサービス(株) など
病院 (医)博善会長尾医院、(医)たかまさ会山﨑病院、(医)二山会宗近病院 など
福祉施設 (福)成寿会、(福)寿老園老人ホーム、(福)燈心会、(福)三篠会、(福)順源会、(福)くすの木会、(福)慈光会、(福)原田ヒカリ会、(福)松友福祉会 など
保育所・こども園 ナーガ保育園、広島光明学園、認定こども園こくふこども園、千田保育園、ちどり第2保育園、くじら認定こども園 など
一般企業ほか (株)EVENTOS、広島駅弁(株)、井辻食産(株)、(株)フジマック、(株)フレッシュセブン、(株)C&Eコーポレーション、(株)IHIインフラシステム、広島市農業協同組合、三原市農業協同組合 など

主な進学先

  • 広島文化学園短期大学専攻科栄養専攻
  • 広島文化学園大学学芸学部子ども学科
  • 広島文化学園大学人間健康学部スポーツ健康福祉学科
  • 比治山大学健康栄養学部管理栄養学科
  • 広島酔心調理製菓専門学校調理師科 など

卒業生の声

01

栄養士 株式会社ナリコマエンタープライズ

食物栄養学科2017年3月卒業
広島県立吉田高等学校出身
丸田 萌さん

栄養士になりたくて食物栄養学科で調理や栄養について2年間学び夢を叶えました。就職して実務に携わり始め、短大で学んだことの大切さに毎日気付かされます。今では、少し周りを見る余裕が生まれ、イベントや利用者の方との会話などを楽しむこともでき、栄養士としてのやりがいを感じる毎日です。短大で学んだ基本を忘れずにこれからも頑張ります。

02

社会福祉法人 寿老園老人ホーム

食物栄養学科2017年3月卒業
広島県立五日市高等学校出身
網本 恵理さん

食事、栄養は生活の基本だと考え、栄養士の免許を取ると決意して食物栄養学科で学びました。短大の校外実習に行ってさらに栄養士になりたいと強く思い、就職も希望したところに就職できました。短大では調理技術が格段に進歩したので、現在の業務でとても助かっています。利用者の方々に提供する食事の安心・安全にも気を配りながら栄養士として自信をつけていきたいです。

03

栄養士 社会福祉法人 誠和会 認定子ども園 こくふ子ども園

食物栄養学科2017年3月卒業
島根県立益田翔陽高等学校出身
宇津 美波さん

短大でライフステージの栄養学を勉強して、成長における食の違いを学んだことで、保育園で働きたいと思うようになりました。今は、約150人の給食の調理、献立や給食だよりの作成をしています。おやつも全て手作りで毎日忙しいですが、短大で自分と同じ目標や意識を持っている友人と出会えたことで、現在も楽しく元気に過ごすことができています。

04

調理機器メーカー 株式会社フジマック

食物栄養学科2017年3月卒業
社会人入学
笠井 文さん

現役生だけではなく、私のように社会人入学の方も多い学科で、対話の中で学ぶことがたくさんありました。年齢は関係なく、幅広く交友関係を築くことで、栄養の知識以外にも、人との接し方、会話力が自然と身に付きました。この力は、現在、調理機器の営業職をしていく上で大きな力となっています。広島文化学園で学んだ2年間は、自分が成長するための大切な日々だったと実感しています。