食物栄養学科 専攻科栄養専攻

栄養士としての知識と技術をさらに向上させ、栄養士のプロフェッショナルをめざします。

生活習慣病や高齢化といった健康に関わる課題や、食材そのものに対する信頼性といった健康的な生活に大きな影響を及ぼす新たな問題。人々の健康志向は、こうした社会変化の中でますます高まってきており、正しい栄養知識をもった栄養のスペシャリストが求められています。専攻科栄養専攻では、そうした社会の状況に対応できる優れた能力を身につけた栄養指導者の養成を目的にしています。 短期大学で学んだ知識にワンランク上の能力を積み重ねていき、管理栄養士の国家試験対策にも力を注いでいます。

PDFを別ウィンドウで開きます管理栄養士国家試験対策講座のご案内(PDF)

管理栄養士国家試験対策講座模擬試験のご案内

4年制大学卒業と同等の「学士(栄養学)」の学位を取得できる

特別研究として2年間の研究を論文にして、大学改革支援・学位授与機構に申請し合格すれば、栄養専攻を修了すると同時に「学士(栄養学)」の学位を取得することができます。これは、4年制大学卒業と同等であることを示しています。

管理栄養士国家試験受験資格への近道

厚生労働省により「修業年限4年の栄養士養成施設」の指定を受けているので、修了すると管理栄養士国家試験の受験資格である実務経験3年のうち2年間が免除されます。管理栄養士をめざす人は夢に近づけます。

少人数制による優れた栄養指導者の養成

優れた栄養指導者を育成するため、少人数教育により、高度な知識・技術を身につけるカリキュラムを準備しています。また、2年間の研究活動を通して探究心が養われます。短期大学で育った栄養士がワンランク上の指導者として成長します。

地域貢献活動

毎年イベントに参加して骨密度測定・健康相談を実施しています。
参加学生は、毎年このボランティアで人に喜んでもらえる体験を通して成長しています。
入学資格 短期大学食物栄養学科を卒業した者
入学試験 7月、11月
授業科目 栄養生理学特論/栄養生理学特論演習/生化学特論/食品学特論/食品学特論実験/栄養学特論/栄養学特論実習/栄養指導特論/栄養指導特論実習/臨床栄養学特論/食品衛生学特論/公衆衛生学特論/調理科学特論/調理科学特論実験/社会福祉特論/人間関係特論
*専攻科修了には48単位修得、4年制栄養士養成課程修了及び学位申請には62単位修得が必要
定員 5名
修業年限 2年

*広島文化学園短期大学卒業生は、入学金が免除されます。

安心して学べる環境で栄養の知識を深めたい!

専攻科栄養専攻1年
佐々木 茜 さん
(広島県立高陽東高校出身)

高校の時から、食物栄養学科の専攻科に興味を持っていました。専攻科の先輩たちから研究、ボランティア活動など充実していることを聞いてさらに意欲がわき進学を決めました。今よりもっと栄養の知識をつけ、安心して学べる環境の中で成長し、将来は管理栄養士にもチャレンジしたいです。

お問い合わせはこちらへ