食物栄養学科 行事紹介

食物栄養学科では入学前から卒業まで、授業以外の学科行事が充実した学生生活をサポートします。

入学前ガイダンス

新入学生の不安を解消し、4月からの大学生活をスムーズにスタートさせるため、入学予定者と保護者が参加し、入学前ガイダンスを実施いたします。教員からの大学生活の説明、入学前に出された課題の解説、交流会と、最初は緊張していた参加者も少しずつ打ち解けていき、新しい環境への準備ができます。

詳しくはこちら

オリエンテーションキャンプ

食物栄養学科の新しい学生生活が始まって1か月。セミナーが決定して楽しみにしていたオリエンテーションキャンプが実施されます。一泊二日の集団活動で仲間と先輩、そして教員が一緒になって親睦を深めます。

詳しくはこちら

お弁当献立コンテスト

食物栄養学科では高校生を対象に、毎年お弁当献立コンテストを行っています。献立部門、メッセージカード部門があり、毎回たくさんの応募があります。各賞には、副賞として図書カード(文化学園賞10,000円分、コスモス賞・すこやか賞・あかね賞・まごごろ賞5,000円分、お楽しみ賞・ほほえみ賞・アイデア賞は3,000円分、団体賞10,000円分)を贈呈しています。また応募者全員に参加賞をお送りしています。高校生らしいユニークなアイデアや、工夫を加えたお弁当献立とメッセージカードを楽しみにしています。

詳しくはこちら

栄養士研究会

「栄養士研究会」は、広島文化学園短期大学の栄養士課程の卒業生・在学生が研究発表の場を持ち、お互いに研鑽を深め、最新の知見を得て社会に貢献していくことを目的としています。特別講演、体験発表など栄養士として学ぶことが多い充実した研究会です。

一日食品衛生監視員

食中毒防止対策の一環として広島市安佐南食品衛生協会主催の「一日食品衛生監視員」行事が食中毒防止対策の一環として実施され、食物栄養学科の学生が毎年参加しています。普段見ることのないバックヤードや細かい食品の温度チェックなど、お客さんとは違った目線から食材を見ることで、栄養士に必要な知識として役に立ちます。

1,2年生交流会

食物栄養学科の自主運営活動として、学生による食物栄養学科1・2年生の交流会が実施されます。自主運営活動は、学生が企画、運営し、教員及び学生間の交流を深めるとともに、リーダーシップを発揮できる人材を養成することを目的に行っています。

チャレンジ調理講座

食物栄養学科では全員卒業までに調理技術が向上するように「チャレンジ!調理講座」を実施しています。目標は、調理を知る、調理に親しむ、調理に慣れる、調理の技術を身に付ける、自分自身の調理技術を高め自信をつける、基礎から応用へ展開するです。授業外の講座で調理技術が向上します。

詳しくはこちら

卒業研究発表会

食物栄養学科卒業研究発表会で2年生の卒業成果の発表が実施されます。口頭発表形式だけでなく、研究の成果をポスター発表や試食によって参加者に見ていただきます。学生たちが取り組んだ研究の成果を、少しでも多くの皆様に見ていただきたく、学内の教職員だけでなく、学生の保護者、入学予定の高校生、そして地域の皆様の参加によって活気あふれる発表会となります。