看護学科 卒業後の進路

活躍する卒業生

2018年度の進路状況

大学病院、総合病院などに就職

全国の大学病院・総合病院等で活躍しています。市町村の保健師や広島県の養護教諭として採用された卒業生もいます。本学部で4年間じっくり学ぶことで、将来、看護師のみならず、保健師や養護教諭への道も開かれます。

卒業生の進路状況 円グラフ

主な就職先一覧(2018年度実績)

大学病院 順天堂大学医学部附属浦安病院、京都府立医科大学附属病院、学校法人昭和大学統括看護部
国公立病院 広島県立障害者リハビリテーションセンター東広島医療センター、県立広島病院、広島市立広島市民病院、広島市立安佐市民病院、安芸市民病院、広島西医療センター、国立循環器病研究センター、京都医療センター、浜田医療センター、厚木市立病院
公的病院 中国労災病院済生会呉病院呉共済病院吉島病院JA広島総合病院わかば療育園、広島赤十字・原爆病院、広島記念病院、JA吉田総合病院、三宿病院、東京高輪病院、大阪赤十字病院、大阪府済生会中津病院、済生会福岡総合病院、松江赤十字病院、玉造病院
一般病院 浜脇整形外科病院JR広島病院広島共立病院瀬野川病院マツダ病院、中電病院、広島逓信病院、土谷総合病院、ヒロシマ平松病院、メリィホスピタル、山崎病院、太田川病院、ナカムラ病院、ふたば病院、井野口病院、脳神経センター大田記念病院、新横浜 母と子の病院、江戸川病院、板橋中央総合病院、南大阪病院、横浜旭中央総合病院、三井記念病院
養護教諭 養護教諭(広島県・島根県)
保健師 周防大島町(保健師)、パナソニック健康保険組合(保健師)

の文字色は実習先病院

卒業生の声

01

看護学科2008年3月卒業
広島県立廿日市高等学校出身
迫田 育美さん
看護師 地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立広島市民病院

私が看護師をめざすようになったのは、家族の入院に際し現場で働く看護師の姿を見て、強い憧れを感じたからです。高校時代に現場見学で病院へ訪れたことも、自分の将来を定める貴重な経験になりました。現在は、食や栄養学の面から健康をサポートできるよう、日本静脈経腸栄養学会にも所属し栄養療法に関しての知識を深めスキルアップを図っています。大学で学んだ4年間は今の私を形成する要です。後輩の宮下さんに対しては、日々の成長を見守りながら応援しています。

02

看護学科2018年3月卒業
広島県立総合技術高等学校出身
宮下 依利子さん
看護師 地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立広島市民病院

将来、看護師として医療の現場に携わるか、養護教諭として保健の分野に進むのか迷っていたので、看護と保健の2つの領域が学べるこの大学を選びました。この4年間で私が一番成長できたと感じるのは、自分から主体的に学ぶようになったことです。就職活動では、求められている人物像などを調べ、この病院に決めました。大学の先輩である迫田さんがいる病棟に配属され心強く感じています。分からないことも相談しやすく、安心して働くことができています。

03

看護学科2018年3月卒業
広島県・呉港高等学校出身
沖本 優哉さん
看護師 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

自分が入院した経験を通じて、患者さんの心身を支える看護師の仕事に憧れを抱きました。実習先で患者さんと接する現場体験は、自分が進む道をあらためて見据える良い機会でした。同時に、自分の考えの甘さも実感し、気を引き締めて実習に臨みました。自分の看護に対する姿勢も変わったと感じています。現在、幼い頃からよく知っている梅中先輩と同じ病院に勤務しています。同性ということもあり、何かあれば気軽に相談できるので、心強い存在です。

04

看護学科2016年3月卒業
広島県・尾道高等学校出身
梅中 崇裕さん
看護師 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

救急外来に勤務しています。私は救急看護強化コースで学んだ一期生です。看護師の資格と救急看護強化を同時に学ぶことができたため、現場で即戦力として生きるスキルを身に付けることができました。看護実習の他、救急病棟での専門実習もあり、自分の糧になりました。沖本君とは同じ中学校出身で、幼馴染でもあるため、話をすると懐かしい気持ちになります。昔からの知り合いと同じ病院に勤務しているのが不思議な感じがありますが、とても気にかけている後輩です。

05

看護学科2014年3月卒業
島根県立三刀屋高等学校出身
多田納 沙希さん
養護教諭 雲南市立大東中学校

私は中学生のとき、入院して長期間休学しました。登校を再開する際は不安がありましたが、保健室の先生に親身に話を聞いてもらい、気持ちが楽になりました。私が養護教諭をめざすようになったのは、私も子ども達にとって安心できる存在になりたいと考えたからです。大学では、看護師と一緒に養護教諭の免許も取得でき、最適な環境でした。現在は子ども達の健康と心身のケアを担う立場として、日々責任の重さと同時に、大きなやりがいを感じています。子ども達と話をする中で笑顔になったり、感謝の言葉をもらったときが一番うれしいです。