音楽学科 資格取得支援

資格・検定の取得は
夢の実現に向けての第一歩です。

高等学校教諭一種免許状(音楽)・中学校教諭一種免許状(音楽)

教育職員免許法及び施行規則で定められた教職専門科目や音楽専門教科を履修し、3週間の教育実習及び1週間の介護等体験をすると卒業時に免許を取得できます。教員採用試験対策として勉強会を行い、筆記試験、実技試験対策としての集中レッスンや面接練習も行っています。とくに筝十三絃や弾き歌いの個人指導に力を入れています。

音楽療法士1種

音楽学科で取得できるのは、全国音楽療法士養成協議会が認定する音楽療法士1種資格で、卒業時に免許を取得できます。音楽療法士は、音楽が好き、人が好きという人に最適の職業です。音楽を一生の仕事として対人援護職に就くことは、やりがいのある仕事です。

幼稚園教諭一種免許状(子ども学科科目の履修による)

本学では、子ども学科の科目履修により幼稚園教諭一種免許状が取得できます。多くの先輩たちが、小さい時からの「幼稚園の先生になりたい」という夢を実現すべく、大好きな音楽の勉強を中心にしながら、幼稚園教諭の免許の取得に挑戦しています。

指導・演奏グレード

グレードは楽器店の音楽教室の講師になるために必要な資格です。大学では、授業の中でグレード試験の過去の問題集などを使ってグレード試験に向けた対策を学ぶことができます。(対応科目:鍵盤ソルフェージュⅠ~Ⅳ)
中四国の音大で初となる取組みとして、指定の科目を履修し条件を満たすと、「カワイ指導グレード6級」「カワイ演奏グレード6級」の資格が学内認定される制度もあります。