トップ > 学生サポート

学生サポート キャンパスライフ

万全のサポート体制が、学びの時間を充実させます。

広島文化学園大学では、学生生活を支えるさまざまなサポートを行っています。自分の目標に向かって「学ぶ」という時間に集中することができる本学のさまざまな支援体制で、4年間を充実させてください。

チューター制

本学では、学生サポートの一環としてチューター制を導入しています。チューター(tutor)とは、学生生活や学習上のさまざまな問題の相談相手になる教員のことです。

看護学部

看護学部では、各学年ごとにきめ細かいサポート体制を展開。1年次、2年次は小グループでチューターの先生を中心に学生生活のことはもちろん、看護やコンピュータの学習法、文献を読むといった学習の面からも相互に親交を深めます。3年次、4年次では、実習を支えてくださる先生方と看護のことや就職のことなど、卒業後の進路も含めて相談やコミュニケーションを重ねていきます。

社会情報学部

社会情報学部では、1年次はフレッシュマンセミナーの担当教員がチューターとなります。2年次、3年次、4年次でも、各年次ごとに学生とのつながりの深いセミナー担当教員がチューターになります。チューターは、授業や就職に関することから友人関係やクラブ活動、奨学金のことまで、4年間の学生生活の全般の相談に対応する存在。気軽に話をしてください。

学芸学部

学芸学部では、子ども学科と音楽学科それぞれの特色を生かしたチューター制を導入し、4年間の学生生活や学習上の問題の相談相手になります。
子ども学科の1年次、2年次では「基礎ゼミナール」などを担当する複数の教員がチューターとなり、大学生としての勉強法や履修指導なども行います。3年次、4年次では、大学の学びの集大成「卒業研究」を担当する教員がチューターとなり、研究や進路の相談に対応します。
音楽学科の1年次、2年次では声楽、鍵盤楽器、管弦打楽器の担当者がチューターとなります。3年次、4年次では、教員・音楽療法士・演奏家など、進路に合わせた教員がチューターを担当します。音楽のこと、進路のこと、学生生活のことなど、さまざまな相談に対応します。

 

奨学金制度

広島文化学園が独自に設置した嚶鳴教育奨学金や独立行政法人「日本学生支援機構」、市町村・民間団体の奨学金などを取り入れています。

奨学金制度についてはこちら

アパート・下宿の紹介

住居の確保は、学生生活の基礎であり、大学生活全般に大きな影響を与えるものです。それだけに、アパート・下宿などを選ぶ場合には、十分に考える必要があります。本学では、アパートを希望する学生には、学生部で紹介を行っています。

アルバイトの紹介

アルバイトの紹介は、学生部で行います。
アルバイトをする事により自分をどのように伸ばすことが出来るか等、意義づけをしっかりさせ、目標を立てて行い、アルバイトで得られた成果を自己点検・評価していきます。

オフィスアワー

学生の相談に応えるために、教員がそれぞれ「オフィスアワー」の時間を設けています。
「オフィスアワー」は、学生の皆さんが来室しやすいように、教員が研究室に在室(出張、会議等を除き)し、勉強や研究、学生生活についての相談にも可能な限り応じる時間です。いろいろな先生の研究室を遠慮なく訪ねてください。なお、各教員の「オフィスアワー」は掲示等で公開します。(学芸学部と短期大学は学内ネットで公開)
非常勤教員は、授業終了後に教室で質問を受けるなど、可能な限り応じます。

広島文化学園大学留学生相談体制

修学・研究面、日常生活面、人間関係、各種トラブルなど、一人で悩み困った場合は、相談員(教員)がサポートいたします。相談員は掲示にてお知らせしますので、学生部に置いてある「留学生相談申込書」に必要事項を記入し、直接相談員の研究室へ訪問してください。
上記のうち、軽微なトラブルや相談員に話しにくい場合等は、担当サポーター(留学生)が相談に応じます。担当サポーターは、個人ボックス等でお知らせします。相談したい学生は、学生課へ申し入れ、学生課から担当サポーターに連絡した後、相談することになります。
そのほか、「サポーター相談コーナー」を設置しています。サポーター(留学生)が定期的に駐在し、相談に応じます。

▲このページのTOPへ