トップ > 3つの方針(ポリシー)

3つの方針(ポリシー) 大学紹介

広島文化学園大学の特徴

広島文化学園大学は、「学びたいと望む人であれば、誰でも、いつでも高等教育を受けることができる」というユニバーサル・アクセス時代に対応した大学として、また「地域社会に貢献できる社会人を養成する」ための大学として、カリキュラム(教育課程)を整え、4年間の大学生活の中で、各種の資格取得による就職できる力(就職力)だけでなく、社会性を持った豊かな人間性(人間力)や、高度な専門的な知識と技術(専門力)をあわせた総合的な教育をめざしています。

広島文化学園大学の3つの方針(ポリシー)

(1)アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

 入学後の修学に必要な基礎力と学ぶ意欲をもち、本学の教育内容を理解し、専門に対する強い関心と豊かな教養をもって、社会のさまざまな分野で活躍しようと志す人を受け入れる。

(2)カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 本学の教育研究の理念に基づき、深い教養をもつ人間性の形成(人間力)、専門的な知識・技術や問題解決能力の育成(専門力)、実社会に貢献できる実務的な資格や技術の修得(就職力)の三つの柱を軸にして、学習者中心の視点からそれぞれの学部学科の教育目標にあわせた教育課程の編成をし、学生が主体的・能動的に学修するアクティブ・ラーニングを重視した教育を実施する。

(3)ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 本学では、卒業を認定し、学士の学位を授与する要件として、所定の単位を修得し、専門的な知識・技術と実践力を総合的に身につけ、豊かな人間性に基づいて社会に貢献できる力の修得を求めている。

▲このページのTOPへ