トップ > 大学院

大学院 看護学研究科/社会情報研究科

これからの時代に応える高度な専門家と研究者を育成し、あなたの「より学びたい」「もっと研究したい」をサポートします。

NEWS:  平成28年4月に教育研究科博士課程を新設し、大学院教育がさらに充実しました。

看護学研究科【博士前期課程・博士後期課程】

博士前期課程

看護学をより一層学びたいという学生の希望に応えて開設した「看護学修士課程」は、平成24年度から博士前期課程として名称変更し、看護の知識・技術を基盤に、看護学における学識を深め、看護の問題解決や改善に取り組める科学的思考力と研究能力を養い、博士後期課程に接続できる看護実践者・教育者・研究者の基本的な能力を育成します。
コース内容の特色として、専門看護師(CNS)教育課程、看護管理教育課程、養護教諭専修免許教育課程を設定しています。

大学院看護学研究科博士前期課程の教育方針(3つのポリシー)はこちら(大学紹介ページへ移動)

博士後期課程

看護学後期課程では、看護の実践・教育の向上に寄与できる人材を育成するために、高い学識・行動力・倫理観を持って健康ニーズに対して臨床志向型研究に取り組みます。看護学研究科における臨床志向型研究は、研究と実践の循環的発展につながり、看護学を実践科学として発展させる自立した研究者、教育者育成につながります。学位取得後は、看護学の高等教育・研究機関での活躍がおおいに期待されます。

大学院看護学研究科博士後期課程の教育方針(3つのポリシー)はこちら(大学紹介ページへ移動)

看護学研究科【博士前期課程・博士後期課程】のページはこちらへ

博士課程の募集要項(抜粋)はこちらへ

社会情報研究科【博士前期課程・博士後期課程】

博士前期課程

研究者をはじめ、多くの会計、環境、情報、社会調査等の分野の専門家を輩出してきました。なかでも会計分野は、修士学位の取得による税理士試験の一部科目免除(税法学は3科目中2科目、会計学は2科目中1科目。※最低2科目は受験による合格が必須)も。本研究科は開設わずか9年で7名の税理士を輩出。うち2名は本学社会情報学部からの進学者です。
また、本研究科の社会調査の分野の科目は「専門社会調査士」の標準カリキュラムであり、調査により研究論文を執筆してその資格を取得できます。これまで、学部とあわせて多くの社会調査士、専門社会調査士を輩出。専門社会調査士の資格を取得した修了生の中には調査会社や企業のマーケティングリサーチ部門等で、専門職として活躍している者もいます。

大学院社会情報研究科博士前期課程の教育方針(3つのポリシー)はこちら(大学紹介ページへ移動)

博士後期課程

本学のように学部、博士(前期・後期)課程と、一貫して社会情報学を研究できる場は全国初です。さらに博士後期課程開設3年目にして、2名の博 士(学術)学位取得者を輩出する大学も、他に類を見ません。学位取得者は、会計学、都市環境学、それぞれの専門分野で研究者としての活躍。現在7年目を迎 え、後進も順調に育ち、名実ともに社会情報研究の専門的な大学院として地位を確立しています。

大学院社会情報研究科博士後期課程の教育方針(3つのポリシー)はこちら(大学紹介ページへ移動)

社会情報研究科【博士前期課程・博士後期課程】のページはこちらへ

教育学研究科 子ども学専攻【博士前期課程・博士後期課程】

博士前期課程

今日、グローバル化や少子高齢化など、社会の急激な変化に伴い、教育をめぐる諸課題への対応が強く求められており、学校教育における人材育成への新たな対応が喫緊の課題となっています。 このような社会的ニーズに対応するため、教育学研究科博士前期課程子ども学専攻を設置しました。 子ども学を看板に掲げたユニークな研究科であり、学問体系も教育学(教科教育を含む)、心理学、小児科学(健康・看護を含む)の3領域をベースにした本学独自の構成であります。 理論と実践の往還は、本学の建学の精神「究理実践」にも呼応するもので、新たな時代に適応した「臨床の知」の確立へ向けて必ずや貢献できるものと信じております。

大学院教育学研究科博士前期課程の教育方針(3つのポリシー)はこちら(大学紹介ページへ移動)

博士後期課程

都市化、核家族化、情報化、貧富の差の拡大など、社会全体が急速に変化している現代において、子ども自身や子どもを育てる家族の存在は極めて複雑かつ不安定なものです。 そのようなニーズに応答するため、教育学研究科博士後期課程子ども学専攻を設置しました。 ここでは、多角的、複眼的に子どもへアプローチし、それを実践へと結びつける「実践的な融合研究」を推進し、博士後期課程における学び、すなわち「子ども理解」と「子どもへの働きかけ」の方法や技術の修得を深化させ、 授業実践や学級経営を大枠で制御するカリキュラムや教育プログラムを具体的に開発し、さらにはそれらの社会的、歴史的背景を解明していきます。 新たな時代に適した「研究者」、「研究的実践家」を養成します。

大学院教育学研究科博士後期課程の教育方針(3つのポリシー)はこちら(大学紹介ページへ移動)

教育学研究科 子ども学専攻【博士前期課程・博士後期課程】のページはこちらへ

博士課程の募集要項(抜粋)はこちらへ

 

▲このページのTOPへ