トップ > 大学院 > 教育学研究科

教育学研究科長挨拶 教育学研究科 大学院

 大学院教育学研究科子ども学専攻は、平成28年度から従来の修士課程から博士課程となりました。博士課程は「博士前期課程」(2年)と「博士後期課程」(3年)から成り立っています。博士前期課程は主に学部卒業した人が入学し、博士後期課程は大学院博士前期課程や修士課程を修了した人が入学し、研究をしていきます。

 こども学専攻は、建学の精神「究理実践」を基に、教科教育学を含む教育学領域、そして発達心理、教育心理、特別ニーズ教育も含めた教育臨床領域、さらに音楽、造形、身体、言葉を中心とする表現活動などの子ども学実践領域を総合・統合した研究領域の3つの領域において、高度専門的実践家及び研究者養成を目的として教育・研究を行うための博士課程です。

 今日、社会のグローバル化や少子高齢化、子どもに対する虐待や家庭の教育力の低下や家庭崩壊など、子どもを取り巻く様々な問題や事件が起こっており、それらにどのように対応していけば良いか基本的な考え方に関する研究の活発化及び具体的な解決方法の提案が求められています。そのような中、本専攻では、専門的に細分化された研究領域ではなく、総合的・学際的な視点を持ち、実践に資することができる高度専門的職業人や研究者の養成に取り組んでいます。特色として、「子ども学」を教育学領域、教育臨床領域、子ども学実践領域に対応したカリキュラム・プログラム編成していることがあります。とりわけ、子ども学実践領域を、教育学領域から教育臨床領域へと接続するものとして位置づけているところにあります。

 就学前教育や保育、小学校や中学校で教育実践に関わっておられる現場の先生方、また、大学を卒業した方、大学院を修了した方で背景となる理論や最新の指導法や支援の方法を深く学びたい方、さらに、これまで教育に関して疑問に思っていることを論理的・体系的に、深く学び直したいと考えておられる方々を心よりお待ちしております。具体的には、1)子どもの教育に関心を持ち、学校や地域社会の積極的に貢献する意欲がある方、2)ボランティア活動、教育活動など、子どもとかかわる実践的経験がある方、3)子どもにかかわる研究において、理論と実践を往還し実践的研究能力を向上させたい方の入学を期待しています。多様な領域の経験豊富な教授陣がしっかりとサポートする体制を整えています。理論と実践を繋ぎながら学び続ける教員、専門職としてより高度な知識・技能を修得し、総合的な人間力を持ち、教育実践に基づいた高度でかつ専門的な「教育力」を有する人材を育成していきます。

教育学研究科長 山崎晃
教育学研究科長
山崎 晃
 
教育学研究科の概要

1)博士前期課程

2)博士後期課程

Adobe Reader(無料)をダウンロードするPDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。

▲このページのTOPへ