コミュニティ生活学科 資格取得支援

資格・検定の取得は
夢の実現に向けての第一歩です。

コミュニティ生活学科では、次の資格・検定の取得を強力にサポートしています。

1.必要な単位の修得により取得できるもの

中学校教諭二種免許状(家庭) [国家資格]

内容:中学校の家庭科の先生になるための資格で、指定された科目を修得します。

フードコーディネーター(3級)

資格認定:特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
内容:食のあらゆる場面で総合的な視点にたち、仕事の調和をはかることのできる食の専門家をめざします。指定科目を履修することにより資格認定試験が免除され、3級認定資格が得られます。

2.講習を受けることにより取得できるもの

食品衛生責任者

内容:食関連の仕事を営む上で必要な資格で、講習会(1日)を受講して資格を得ます。
講習会開催:一般社団法人広島市食品衛生協会など、各都道府県に置かれている食品衛生協会
支援する授業科目:「食品衛生学」

3.試験に合格することにより取得できるもの

メディカルクラーク

認定:一般財団法人 日本医療教育財団(厚生労働大臣認可)
内容:医療事務技能審査試験に合格する力を要請しています。
支援する授業科目:「医療事務I」、「医療事務II」

ファッション販売能力検定(3級)

認定:一般財団法人 日本ファッション教育振興協会
内容:ファッション販売員としての能力を証明します。
支援する授業科目:「ファッションビジネス論」、「アパレル商品知識」

ネイリスト技能検定試験(3級)

認定:公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター
内容:ネイリストの育成をめざします。
支援する授業科目:「ネイルテクノロジー」、「ネイリスト検定講座」

フォーマルスペシャリスト検定(準2級)

認定:一般社団法人 日本フォーマル協会
内容:フォーマルウエアの基礎知識を修得した人に与えられるライセンスです。
支援する授業科目:「アパレル製作論」、「ブライダル検定講座」

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定(略称:ABC検定)

認定:公益社団法人 日本ブライダル事業振興会
内容:ブライダルを担当する者が心得ておくべき基礎的な実務知識習得の目標達成度を判定します。
支援する授業科目:「ブライダル検定講座」

食生活アドバイザー検定(3級、2級)

認定:一般社団法人 FLAネットワーク協会 認定(文部科学大臣認可)
内容:広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる”食生活全般のスペシャリスト”です。
支援する授業科目:「食生活論」

食空間コーディネーター資格試験(3級、2級)

認定:NPO(特定非営利活動)法人 食空間コーディネート協会
内容:テーブルや食空間のスペシャリストです。
支援する授業科目:「テーブルコーディネート論」

パーソナルカラー検定3級

認定:一般社団法人 日本カラリスト協会
内容:色彩の基本的な知識や配色技能を判定します。
支援する授業科目:「パーソナルカラー論」、「パーソナルカラー演習」

AFT色彩検定

認定:公益社団法人 色彩検定協会
内容:「ファッションカラーのスペシャリスト」をめざします。
支援する授業科目:「ファッションカラー論」

サービス接遇技能検定(2級)

認定:公益財団法人 実務技能検定協会
内容:接客・サービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を高めます。
支援する授業科目:「接遇検定講座」

簿記能力検定

認定:公益社団法人 全国経理教育協会(文部科学省後援)
内容:商業簿記に関する能力を判定します。
支援する授業科目:「簿記会計」

秘書技能検定

認定:公益財団法人 実務技能検定協会(文部科学省後援)
内容:秘書業務や一般事務の仕事を目指す人向けです。
支援する授業科目:「ビジネス検定講座」

日本語ワープロ検定

認定:日本情報処理検定協会(文部科学省後援)
内容:日本語の入力速度と文書作成技能を判定します。
支援する授業科目:「ワープロ検定講座I」、「ワープロ検定講座II」

情報処理技能検定(表計算)

認定:日本情報処理検定協会(文部科学省後援)
内容:表計算技能を判定します。
支援する授業科目:「表計算検定講座I」、「表計算検定講座II」

Access(アクセス)ビジネスデータベース技能検定試験

認定:株式会社サーティファイ/ソフトウェア活用能力認定委員会
内容:データベースに関する知識と技能を判定します。
支援する授業科目:「データベース検定講座」

日本漢字能力検定

認定:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
内容:漢字能力を判定します。
支援する授業科目:「日本語表現I」、「日本語表現II」

実用数学技能検定

認定:公益財団法人 日本数学検定協会
内容:実社会で必要な数的処理能力を判定します。
支援する授業科目:「くらしと数学」