子ども学科 資格取得支援

資格・検定の取得は
夢の実現に向けての第一歩です。

子ども学科では、子どもたちの健やかな成長を支えるにふさわしい人材を育成するため、ボランティア活動を通じて地域に貢献する心やコミュニケーション能力を養い、芸術系科目で子どもたちを豊かに育む感性を磨きます。

目標とする資格・検定

幼児体育指導者(2級)

内容:子どもに対して、体育や運動あそびを「たのしく」「わかりやすく」「安全に」指導できる「幼児体育指導者」のスキルを身につけることができる検定です。幅広いスキルが求められている幼児体育の現場で、自信を持って適切な指導ができる人材育成を目指しています。
支援する授業科目:子どもの体育

レクリエーション・インストラクター

内容:日本レクリエーション協会が認定するレクリエーション指導者としての基礎的な資格です。レクリエーション活動の指導やイベントの企画・実施、組織づくりなどを通して、余暇生活の充実を多くの人たちに提供します。さまざまな遊びのメニューと技術を持ち、公民館や学校など地域連携に関わる企画や活動に参加できます。
支援する授業科目:保育内容(身体表現)

ピアノグレード

自分の力量を客観的に知る機会を提供し、総合的な音楽力を身につけることを目的としたピアノの資格です。細かいレベル分けを実施することにより、初心者から上級者まで目標を持ちながらピアノを学習することができます。
支援する授業科目:音楽基礎技能

リトミック指導資格

リトミックとは、リズムを使って音楽を身体で体験し、想像力や表現力を養い、心と身体の調和を作り出す総合教育です。資格取得後は、保育所(園)や幼稚園、音楽教室などでインストラクターとして活躍したり、自宅で教室を開設することも可能です。
支援する授業科目:保育内容(音楽表現)