子ども学科 授業紹介

子ども学科では、教員になるために必要な「教育学」、子どもと保護者の心理を学ぶ「心理学」、子どもの健康について学ぶ「小児科学(健康・障害科学)」の3つの学びをベースとして、「子ども・子育支援」の力を身につけていきます。

教育・保育体験Ⅰ

1年次で学習した内容を実践的に応用・発展させるために、2年次の前期で、教育現場でボランティア活動を行います。具体的には、子どもに関わる仕事で特に重視される「社会的マナーや心得」、「子どもとの接し方や言葉がけ」について実際の教育現場へ出向き、実践力を高めていきます。活動後は、その成果と反省点について検討し、後期から本格的に始まる実習に備えます。

教育・保育体験Ⅱ

「教育・保育体験I」で学習した内容をより深化させるために、教育現場(児童福祉施設)でのボランティア活動を行います。この活動は、子どもの姿と教育現場の状況や課題について理解・考察することを主眼としています。活動後は、発表・討論会の機会を設け、互いのディスカッションを通して、教育とは、保育とは何かについての理解を深めていきます。

器楽

子ども学科では4年間を通して、ピアノの個人レッスンを受けることができます。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭をめざす学生が、自信を持ってその道に進むことが出来るよう、一人ひとりのレベルに合わせた指導で初心者も安心して受講することができます。

詳しくはこちら

子育て支援論

核家族化が進む中、地域の子育て拠点として就学前施設が果たす役割は大きくなっており、子どもに関わる専門家は保育者としてだけではなく、子育て支援としても資質を向上させていくことが求められています。子育て支援論では、子育ての現状についてさまざまな事例を通して学ぶとともに、支援に必要な具体的な方法について知識を深め、支援者のあり方について考えていきます。

保育内容(総合表現)

保育内容の「表現」の領域についての内容と意義を理解することが目的になります。子どもの「表現」(身体・音楽・造形)について総合的に考察し、子どもの発達に合った総合表現活動案を作成します。自分たちの創作活動作りとして作り上げたものを発表することで、指導を行う実践力を身につけていきます。

詳しくはこちら

子どもの体育

体つくり・陸上・器械運動、ゲームや運動あそびの意義と目的を理解し、幼児・児童にふさわしい運動を数多く体験します。各運動の持つ特性や様々な運動のコツを理解した後は、実践を通して安全に対する配慮や、発達に応じた適切な指導方法について学習します。

図画工作指導法

小学校における図画工作科の目標と内容を理解し、その指導方法について学習します。講義内容は、学習指導要領の内容理解を軸とし、さらに「表現」(造形遊びに表す活動&絵や立体、工作に表す活動)および「鑑賞」の実践活動を行い、その指導計画を作成します。また、広島型教員採用試験対策として、20分間の「デッサン・テクニック・ミニ講座」を毎回行い、「描ける力」を育成します。

社会科指導法

小学校社会科教育における目標・内容・方法等,教科の本質について理解し、指導案の書き方や授業づくりについて習得するとともに、模擬授業を行いながら実践的知識や技能を育成します。また模擬授業を行うだけでなく、第3者からの評価等を通して自己の授業について検討し、より良い授業に改善していくことのできる社会科の指導力を身につけていきます。