子ども学科 行事紹介

大学全体で行うものから学科行事、地域や学外で行われる行事への参加など、多彩な行事に学生が主体的に参加することで、社会に出るために必要な知識やスキルを身につけていきます。

WAWAWAこどもまつり

子ども学科開設以来、毎年開催している近隣の子どもたちを対象としたお祭りです。この行事の担い手となる1年生は祭りの成功を目指して、3ヶ月前から準備を始めます。すべてを学生主動で行い、子どもたちにゲームや遊びを楽しんでもらうためのイベントを企画段階から創っていきます。これを乗り越えた1年生は、実践力と自信をつけて一段と成長し、2年生へと進級します。

詳しくはこちら

オリエンテーション・キャンプ

大学に入学してから初めての行事。広島市青少年野外活動センターにおいて1泊2日の日程で行われます。同級生や先輩、先生方と親睦を深め、これからの大学生活への夢や目標を確認し合います。

詳しくはこちら

合同スポーツ大会

大学3学部と短期大学の学生と教職員が広島グリーンアリーナに集い、学生自治会主催によるイベントです。バレーボール・バスケットボール・ドッヂボール・フライングディスク・大縄跳びにおいて熱戦が展開され、大学や学科を越えて友情の輪が広がります。

詳しくはこちら

中・四国保育学生研究大会

中・四国保育学生研究大会とは、保育士を目指す学生が相互交流を深めるとともに、未来の保育者としての資質の向上を図ることを目的として、毎年開催されている「研究」と「創作活動」の発表大会です。主催者は、中四国保育士養成協議会で、子ども学科は第52回大会にあたる2011年より参加しています。

卒業研究発表会

子ども学科では3年生前期からゼミに分かれて「卒業研究」に取り組みます。この「卒業研究」では合計3回の発表会を行います。3年前期のグループ研究発表に始まり、後半の2回は個人研究発表を行います。4年後期の最終発表会に向けて一人ひとりテーマを設定し研究を深めていきます。

ワクワクながつかとうべえ祭り

地域の方々と大学・短大が協力して行うお祭りです。学生たちはそれぞれの専門の学びを生かした企画で参加し、地域を盛り上げています。今年度、子ども学科の学生は、「ストラックアウト」と「射的」を担当しました。多くの子どもたちが参加し楽しんでくれました。

幼稚園教育実習宣言式

幼稚園での初めての教育実習を前に子ども学科2年生が「実習宣誓式」を行います。すべての資格・免許にかかわる実習の中で最初の学外実習であり、実習で頑張りたいことを一人ずつ発表します。不安と期待を抱きながら前を向いて進もうとする姿が輝いています。