TOPICS詳細

広島県障害者陸上競技大会 車椅子200m競走で優勝

健康福祉

第11回広島県障害者陸上競技大会が、平成29年5月14日(日)に東広島運動公園陸上競技場で開催され、健康福祉学科2年の長谷川巧さん(広島県立熊野高校出身)が、車椅子200m競走第1位(1分10秒60)、車椅子100m競走第2位(34秒80)の好成績を残しました。この結果を受けて5月27日(月)に同級生たちが集まり、表彰式を開催しました。

大学入学後に本格的に車椅子陸上競技を始めた長谷川さんですが、毎年出場を続けてきたことで車椅子走行の力を着実に高めており、大会新記録を樹立するなど好成績を残しています。

長谷川さんのコメント

私はこの大会に一昨年から参加しています。今年のこの大会で満足した点は、車椅子100m競走、車椅子200m競走ともに全力を出せたことです。大会に出場する直前までは緊張していたので、大会当日は上手く走ることができるか不安な気持ちもありました。大会当日、実際にスタートラインに行き「スタート!」の合図で走り始めると、自分が思った以上にスタートダッシュがうまく決まり、全力で走り切ることができました。不満だった点は、自分が持つ大会新記録(車椅子100m競走では一昨年更新した33秒74、車椅子200m競走では去年更新した1分08秒71)を越せなかったことと、車椅子100m競走で優勝できなかったことです。来年は、今年以上に鍛えて頑張ろうと思っています。

  • 2年生の前で賞状を授与される長谷川さん
  • 学科長よりメダルを授与され記念撮影

一覧に戻る