TOPICS詳細

令和2年度 教員免許更新講習

共通

看護学科と人間健康学部スポーツ健康福祉学科の共催で、教員免許状更新講習(教諭・養護教諭対象)を、1121日(土)~1227日(日)にわたり、阿賀キャンパスと坂キャンパスにおいて開講しました。

コロナ禍での開講となり、開講日延期や会場変更など様々な対応を余儀なくされましたが、受講者の皆様は、1講習6時間という長時間の講習を、マスク着用、ソーシャルディスタンス、手指消毒を徹底していただき、熱心かつ和やかな雰囲気の中で講習を開催することができました。

本講習が、全国的な教育水準の向上に繋がることを願っています。

 

講習内容と実績はこちら

 

【受講者の感想】

・乳児から青年期までの幅広い年齢の子どもを視野に入れ、講義内容に配慮されていたので、保育士の私にも理解しやすかったです。

・一人ひとりの子どもと向き合う大切さを学べました。

・講習はどうしても理論的なことが多くなってしまいますが、今回の講習はどれも具体的で、自分のこれからの指導に活かすことができそうだと感じました。

・ベテラン講師の経験に基づいた具体的な事例をたくさんお話いただいて興味深く拝聴できました。

・長く感じるかと正直思っていましたが、講師の先生方のお話はどれも興味深く、自分の心の部分に訴えられるものがありました。

10年後もぜひ受講したいです。今後に活かせるよう頑張ります。職場でも内容を共有し共に考えていきます。また、広島文化学園大学での受講をすすめます。

・長年、現場で指導していますが、本日の講義において学生時代に学んだ理論も、変化や新しく研究されていることに改めて気づかされました。固定的な考えではいけないと痛感しました。

・広島文化学園大学の学生たちをうらやましく思うのと同時に学生たちの進路実現が目に浮かびます。また、コロナの影響を感じさせない熱心なご指導をいただいたことへも感謝申し上げます。実際に学校での授業で活用できる事が多く、課題も長期解決、短期解決を問わず、解決できるヒントもいただけました。

 

  • 教育の最新情報
  • 教育現場のメンタルヘルスについて
  • 道徳教育と道徳授業
  • 学校安全における危機管理
  • 最新の体育・スポーツ科学を学ぶ
  • アダプテットスポーツの意義と役割
  • スクールソーシャルワークについて
  • 新学習指導要領の概観と指導方法

一覧に戻る