TOPICS詳細

11月の小さな音楽会を開催

音楽

2010年度から「あさみなみ・まちの顔づくり事業」の一環として安佐南区役所と連携開催している「小さな音楽会」は、新型コロナウイルス感染症の影響により4月から開催中止が続いていましたが、10月から感染症予防対策を徹底した上で再開しています。

11月の音楽会は、18日(水)にマエダハウジング安佐南区民文化センターのロビーで、毎年恒例の打楽器アンサンブルを披露しました。 

山澤洋之准教授と学生11名による演奏で、アフリカの民族楽器を使った「ズールー・ウエルカム」や、山澤准教授と学生のマリンバ二重奏で、日本の歌から「さくら」「お江戸日本橋」「とおりゃんせ」「ずいずいずっころばし」を演奏したり、今年話題になっているテレビアニメ「鬼滅の刃」のオープニングソング「紅蓮華」や、ダンス付きの「パプリカ」など、趣向を凝らしたプログラムで会場に詰め掛けたお客さまに盛大な拍手をいただきました。

12月は今年度の締めくくりとして「安佐南区花いっぱい運動」とコラボレーションしたクリスマスコンサートを開催します。新型コロナウイルス感染症予防対策のため、事前に申込が必要です。12月1日から申込受付開始で先着130名です。詳しくは安佐南区の12月1日号の区報をご確認ください。

 

出演学生のコメントはこちら

 

 

  • オープニングは民族打楽器のアンサンブルで
  • 山澤先生と樋口莉奈さん
  • 山澤先生と富永倫果さん
  • 山澤先生と譽田恵理さん
  • 山澤先生と安部柚希さん
  • 鬼滅の刃の紅蓮華で盛り上げます
  • 立ち見が出るほどの大盛況
  • 「パプリカ」はダンス付きで披露
  • たくさんの拍手をいただきました
  • 充実感一杯の演奏会に

一覧に戻る