TOPICS詳細

1年生がぶんぶんひろばを体験

保育

1年生が1021日(水)と114日(水)、クラスごとに分かれて「ぶんぶんひろば体験」を実施しました。

「ぶんぶんひろば」というのは、学内にある子育て支援施設の1つで、例年なら週に2回、就園前の幼児とその保護者が来て、遊び、交流する場です。今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、4月以来休園を余儀なくされています。

今回はその施設を体験して、赤ちゃんの遊びやおもちゃ、子育て支援への設備やノウハウを学ぶ取り組みを計画しました。ぎっしりつまった「保育の学習」の中で、学生たちは童心に帰って楽しみながら学修できたようです。

 

【学生の感想】

・床がやわらかいなど、安全についての配慮がたくさんあってすごいと思いました。

・ペットボトルなどもおもちゃになるんだと気付かされました。

・年齢に合わせた遊びがたくさんあって、すごい!

・たくさんの工夫があり、手作りのものがたくさんありました。自分も作ってみたいと思いました。

・「子どもの遊び」と思っていたのですが、自分たちも楽しむことができたので、遊びってすごいと思いました。

・子どもの気持ちを感じることができました。

 

  • 手作り滑り台は楽しい!
  • 変身コーナーは大人気!
  • 昔もこうやってお弁当作ってたなぁ
  • お人形、電車、シロフォンと遊び道具が満載
  • 童心に帰っておもちゃに熱中
  • 輪投げも楽しいもんですね!
  • おもちゃの特徴を分析
  • 手作りおもちゃってすごい!

一覧に戻る