TOPICS詳細

ワクワクながつかとうべえ祭りの実行委員会を開催

コミュニティ生活

大学の近くにあるJR安芸長束駅前通りの活性化のため、コミュニティ生活学科の学生と教員が地域の方たちと一緒に委員会を結成し、「ワクワクながつかとうべえ祭り」を開催しています。今年で6回目となり、徐々に地域に定着してきています。

5月30日(火)にさっそく第1回の委員会を本学で行い、今年は11月18日(土)に開催することを決定しました。また、広島市安佐南区が助成する「区の魅力と活力向上推進事業補助金」の最終年(3年目)で、41,000円の助成を受けます。コミュニティ生活学科2年生6名の実行委員も、地域を盛り上げたいと意気込んでいます。

「とうべえ」のネーミングは、長束駅前通りの近くにある長束小学校の前身である「果能舎」という私塾を開き、1874(明治6)年に長束小学校の初代校長になった “藤井東兵衛”先生の名前に由来しています。

実行委員会のメンバーはこちら

学生実行委員のコメントはこちら

昨年(第5回)の祭りのチラシはこちら

  • 第1回実行委員会の様子
  • 実行委員会のメンバー

一覧に戻る