TOPICS詳細

第25回 HBG祭

共通

1116日(土)、秋晴れの中、坂・郷原・阿賀キャンパスの学生合同による「第25回HBG祭」を呉阿賀キャンパスで開催しました。今年のテーマは「和気逢々(わきあいあい)」で、より良い雰囲気をみんなで作り、大学祭を盛り上げて楽しんでいただける大学祭にしたい!とテーマを決めました。

オープニングセレモニーでは、呉市長の新原芳明様、呉市議会の森本茂樹様にお越しいただき、心温まるお言葉をいただきました。ステージ企画としては、吹奏楽部の演奏から始まり、学生が普段見せない姿を皆さんの前で多くの企画を披露しました。毎年恒例の「タナボタ」では、昨年と同様に東京や大阪にある有名テーマパークのペアチケットの他に、温泉旅行ペアチケットや、足用マッサージ機なども追加され、大変な盛り上がりを見せました。模擬店を14店舗出店、焼きそば、チョロス、手打ちうどん、たこ焼き、クッキー、綿菓子など多くの食べ物を楽しみました。

ご近所の方々には、ご迷惑をおかけしたことと思います。温かく見守っていただき、大変感謝しています。またご参加していただき、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

【学生の声】

 石本 佳代子 さん(大学祭実行委員会/2年/広島県・進徳女子高等学校出身)

昨年に引き続き、今年も大学祭を行うことができました。ちょっとしたトラブルもありましたが、無事大学祭を終えることができて良かったです。坂・郷原の大学祭実行委員会とボランティアの学生と協力して、準備から片づけまで素早く終えることができました。来ていただいた方と学生が一緒に楽しむことができ、とても良い大学祭となりました。来年はどんな大学祭となるのか、今から楽しみです。

 

  • 新原呉市長からの挨拶
  • 吹奏楽部演奏
  • ステージ企画「歌うま」
  • 坂キャンパスからの出店
  • 学生・教員共同出店「たこ焼き」
  • 学生・教員共同出店「手打ちうどん」
  • ステージと観客が一体となった軽音
  • 坂・郷原・呉阿賀キャンパス大学祭実行委員会

一覧に戻る