TOPICS詳細

ひろしまフードフェスティバルに参加

食物栄養

食物栄養学科の江坂セミナーでは、2009年より地元野菜「祇園パセリ」のメニュー検討やPR活動を行っています。その活動の一環として、昨年度に続き、ひろしまフードフェスティバルに参加しました。メイン会場に設置された広島市安佐南区のブースで祇園パセリの生産している祇園出荷組合の方々と、2年生3名が作った「パセリ入り春巻き」を販売しながら、「祇園パセリ」をPRしました。2日間で300食を作り、完売しました。

 

祇園出荷組合のみなさんと

 

【学生の声】

今回初めてフードフェスティバルに参加させていただきました。パセリ春巻きを自分たちで考案し、一から作って準備するなどたくさん時間がかかった分、食べていただいたお客さんから「美味しかった」などの感想を直接言ってもらい、とてもやりがいを感じました。また江坂セミナーで10年続いているパセリについての研究に携わることができたので、来年もぜひ続けてほしいなと思いました。

塚谷 紗朱 さん(2年/広島県・如水館高等学校出身)

 

パセリは苦くて残されがちな野菜ですが、鉄やビタミンAやビタミンCが多く、貧血予防や美容効果があります。そんなパセリを短大の近くの祇園パセリ農家さんと一緒に協力し、パセリ春巻きを考えました。パセリ春巻きの中にパセリをたっぷり入れ、チーズやベーコンも一緒に入れて食べやすくしました。パセリの量を工夫して、おいしく食べやすいように考えるのは大変でしたが、フードフェスティバルでは好評で完売することができ、うれしかったです。

平賀 寿理 さん(2年/広島県立西条農業高等学校出身)

 

フードフェスティバルでパセリ春巻きを出店し、最初は完売するかな?美味しく食べてくれるかな?と心配でしたが、たくさんの方々に「とても美味しかったよ!」と言ってもらえて大好評だったので、すごく嬉しかったです!初めて自分たちで商品開発をする大変さはありましたが、何より楽しくやりがいを感じる事ができたので、とても良い経験になったと思いました!

松本 惠 さん(2年/広島県瀬戸内高等学校出身)

  • 販売ブースで準備
  • 揚げたてのパセリ春巻きを
  • 笑顔で販売
  • 祇園パセリのPRも

一覧に戻る