TOPICS詳細

中国大学バレーボールリーグ戦秋季大会 優勝!

共通

広島文化学園大学・短期大学の女子バレーボール部は、中国大学バレーボールリーグの1部(6大学による構成)に所属しています。

今年度の秋季大会(総当たり2回戦、全10試合)が10月12日~10月27日にかけて行われ、見事に9勝1敗で優勝しました。春季大会に続いて2季連続の優勝で、19年ぶりの快挙でした。

 

 

優勝を喜ぶ山中監督と部員たち

【個人賞】

 最優秀選手賞:神代 奈実(学芸学部子ども学科4年)

 セッター賞:神代 奈実(学芸学部子ども学科4年)

 スパイク賞:高田 美優(学芸学部子ども学科3年)

 ブロック賞:高田 美優(学芸学部子ども学科3年)

 新人賞:平山 舞李愛(学芸学部子ども学科1年)
 

また11月6日(水)には山中監督と部員全員が森元理事長に優勝報告を行いました。

 

森元理事長とともに 

 

【キャプテンの言葉】

力強い先輩、後輩(短大生)が卒業され、心技ともにひ弱な(山中先生談)私たちのチームは、2部に落ちないことが目標でした。しかしお陰様で19年ぶりの春秋連覇という結果を残すことができました。

いつも試合に入る前は不安で一杯でしたが、例年の1.5倍にあたる練習試合をこなし、厳しい練習で積み上げてきた文化のバレーをやろう!その思いだけで挑みました。最終戦で中国学園大学に勝利し大学歌(優勝した時に必ず歌います)を歌え、喜びがこみあげてきました。これからも各自の技術の向上を目指し、力をつけて広島県大学選手権、全国大学選手権大会に挑みたいと思います。

いつもたくさんの先生方、卒業生、保護者の皆様に応援いただき、感謝しています。ありがとうございました。

広島文化学園大学・短期大学女子バレーボール部キャプテン 神代 奈実

 

  • 最終戦(対中国学園大)で円陣
  • 熱戦の末3-1で勝利
  • 春季に続いて最優秀賞のキャプテン
  • 優勝を決めて大学歌を熱唱
  • 森元理事長に優勝報告
  • 森元理事長から祝福の言葉

一覧に戻る