TOPICS詳細

HBG重度・重複障害児スポ・レク活動教室「はなまるキッズ」活動開始

スポーツ健康福祉

令和元年度も、身体及び知的にも最重度の障害のある子どもを対象に考案されたアダプテッド・スポーツに取り組む「HBGはなまるキッズ」の活動が毎月1回のペースで、第4土曜日を中心にスタートしました。

場所は、4月・5月・6月が広島市心身障害者福祉センター・体育館、7月・8月はプールで実施しました。なお6月には“HBGアダプテッド・スポーツボランティアサークル「はなまるキッズ」”が発足し、学生たちが生き生きと活動をしています。

8月現在の参加登録者数は、重度・重複障害児(子ども)が66名、ボランティア支援者のうち一般90名、学生113名となっています。特に4月からの新規学生登録者数は、スポーツ健康福祉学科20名、看護学科11名、子ども学科9名、短期大学専攻科栄養専攻1名、地元高校生5名、合計44名となっています。坂キャンパスの学生だけでなく、長束キャンパス、阿賀キャンパスの学生や、オープンキャンパスの参加をきっかけに地元高校生も登録するようになったことは、大変嬉しく思っています。

これからも地域で開催するアダプテッド・スポーツ教室として定着させ、広島県内だけでなく県外でも活動が広がるよう取り組みを充実させたいと思っています。今後の活動予定をご覧いただき、たくさんの子ども、学生、支援者の皆さんの参加をお待ちしています。

 

今後の活動予定はこちら

 

  • 事前研修と打ち合わせ
  • 子どもと学生ボランティアご対面!
  • 「おはようの歌」でタッチ運動!
  • スクータ―ボードに乗車
  • シッティング風船バレーボール
  • 発泡スチロールブロックを倒せ!
  • スクーターボードを引く学生
  • 特殊なマットで背浮きにトライ
  • 特殊なクッションで伏し浮きにトライ
  • アーチの下を背浮きでくぐる
  • 浮き具を使って伏し浮きにトライ
  • 介助平泳ぎにトライ

一覧に戻る