TOPICS詳細

2019年度前期 資格・検定取得

コミュニティ生活

コミュニティ生活学科では、多くの資格・検定を取得できるように授業等で支援しています。2019年度前期では、次の資格・検定を取得しました。

 

食品衛生責任者

一般社団法人広島市食品衛生協会が広島市の指定を受けて開催する食品衛生者資格者講習会を受講した2年生7名が、同協会が認定する「食品衛生責任者」の資格証を取得しました。コミュニティ生活学科ではこの資格取得のために「食品衛生学」の授業で支援しています。
【資格取得学生の声】
植本 千恵 さん(コミュニティ生活学科2年/広島国際学院高等学校出身)
履歴書に書けると思い受講しました。フード系企業に就職内定したので、仕事に活かせると思います。
 
●サービス接遇実務検定2級
公益財団法人 実務技能検定協会が認定する「サービス接遇実務検定試験」が6月8日(土)に学内で実施され、2年生10名が合格しました。コミュニティ生活学科では、この資格取得のため「サービス接遇検定講座」の授業で支援しています。
【資格取得学生の声】
幸地 萌花 さん(コミュニティ生活学科2年/広島県立呉商業高等学校出身)
高校の時からはほしかった資格なので合格できて嬉しいです。仕事にも活かせるのでこれからが楽しみです。
 
●日本語ワープロ検定・情報処理技能検定(表計算)
日本情報処理検定協会が認定する日本語ワープロ検定試験・情報処理技能検定試験(表計算)が7月13日(土)に学内で実施され、主に1年生がチャレンジしました。ワープロ検定試験では準2級11名、3級14名が、表計算検定では2級1名、準2級2名、3級11名が合格しました。コミュニティ生活学科ではこの資格取得のため「ワープロ検定講座I・II」、「表計算検定講座I・II」の授業で支援しています。
【資格取得学生の声】
金田 菜穂 さん(コミュニティ生活学科1年/広島文教女子大学附属高等学校出身)
私はブライダルに関する仕事に就きたいと思いこの学科に入学しましたが、ワープロ検定はどの仕事についても役立つのでチャレンジしました。授業で先生がコツなどを教えてくださるので毎回記録が上がりました。いきなり準2級を受けて合格したので嬉しいです。
山路 夏佑 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県瀬戸内高等学校出身)
いろんな分野の資格・検定を取るために先生方が全力でサポートしてくれるところに魅力を感じ、この学科を選びました。表計算検定は高校で3級を取っていましたが、上級を取りたいと思い準2級にチャレンジしました。将来は美容部員になるのが夢ですが、この検定を取ったことは無駄にはならないと思います。
 

  • 食品衛生責任者
  • サービス接遇実務検定2級

一覧に戻る