TOPICS詳細

授業pickup「スポーツ指導実技(水泳)」

スポーツ健康福祉

スポーツ指導実技AIII(水泳)はスポーツ健康コースの選択科目(2年次開講科目)ですが、健康運動指導士・健康運動実践指導者の必修科目に設定されているため、健康福祉コースの学生と合わせて76名が履修しています。1日で2回分の授業を連続で行い、合計8回の授業で1)正しいフォームの修得および矯正(4泳法:クロール、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎ)、2)クロールで持久力をつける、3)水泳指導に必要な知識を学ぶことを目指します。

授業は泳力ごとに3グループに分けて実施し、それぞれのグループに合わせたメニューで授業を展開していきます。毎回その日に修得を目指す泳法について、手と足それぞれの動かし方や息継ぎの仕方などひとつひとつの動作を丁寧に確認してから練習へ。この日はバタフライの修得を目指して一生懸命練習に取り組んでいました。

最後の授業では、クロール100メートルとその他の泳法で25メートルの試験が予定されています。泳ぎが苦手な学生も100メートル完泳を目指して頑張っています。

 

  • ビート板を使った基礎練習
  • バタフライの練習
  • 授業担当教員から適切なアドバイス
  • 目指せ!クロール100m完泳

一覧に戻る