TOPICS詳細

呉港高等学校と高大連携協定調印式

共通

広島文化学園大学・短期大学と呉港高等学校は、530日(木)に阿賀キャンパスにおいて「高大連携事業に関する協定」の調印式を行いました。本学と高等学校が協定を締結するのは10校目となります。

連携事業は、大学・短大の研究や授業を呉港高等学校の生徒が体験したり、大学祭や文化祭に相互で参加したり、教員の相互連携が主な内容です。

調印式で、本学の田中学長は「高校の特色ある教育に合わせ、大学・短大でも問題解決能力、社会での実践力を培いたい」と述べ、呉港高等学校の福田校長は「生徒が呉に貢献できる人材になれるよう、可能性や能力を協力して伸ばせることは心強い」と述べられました。

 

一覧に戻る