TOPICS詳細

女子バレーボール部 優勝報告会

共通

広島文化学園大学・短期大学の女子バレーボール部が、中国大学バレーボールリーグ(1部)春季大会(4月20日~5月12日開催)および中国四国学生バレーボール選手権大会(5月24日~27日開催)で優勝しました。

5月29日の昼休みに長束キャンパス学生食堂において「優勝報告会」が行われ、森元理事長から優勝記念の額入り写真が一人ひとりにプレゼントされました。また田中学長からはバレー部と選手個人が学長表彰が手渡されました。

 

優勝報告後の記念撮影

本日は私たちのためにこうような会を開いてくださりありがとうございます。この度中国大学バレーボールリーグ春季大会、中国四国学生バレーボール選手権大会で優勝することができました。去年に引き続き、優勝報告をすることができ、とても嬉しく思います。

新チームがスタートし、今年の目標は「どんなチームにも臆することなく戦いに挑む勇気あるチーム」とみんなで決めました。練習では文化の伝統である真剣に取り組みベストを尽くすことを徹底しました。試合は相手のことより自分たちが山中先生から学んだことをコート上で一生懸命やることだけを考えていました。その結果、思いもよらぬ失セット0の完全優勝が待っていました。山中先生は「こんなこともあるんだね」と笑っておられました。
私たちはまだまだ力が足りません。これからは西日本バレーボール女子選手権大会に向けて練習に励んでいきます。学園が環境を整えてくださり、たくさんのご声援に感謝しています。

広島文化学園大学・短期大学女子バレーボール部キャプテン 神代 奈実

 

  • 森元理事長からお祝いの言葉
  • 優勝旗・優勝杯のお披露目
  • 田中学長から学長表彰
  • 森元理事長から記念品贈呈
  • キャプテンからお礼の言葉
  • 全員でいきものがかりの「ありがとう」を合唱

一覧に戻る