TOPICS詳細

子ども学科オリエンテーションキャンプ

子ども

◆日程:平成29年5月19日(土)~20日(日)

◆場所:広島市青少年野外活動センターこども村

5月19~20日の1泊2日の日程で,子ども学科のオリエンテーションキャンプが行われました。1年生にとってはスムーズに大学生活に馴染むことや学科の方針を理解することを目的とされています。特に、研修内容ではグループワークやスポーツなど、班で協力する研修内容が設定されており、1年生同士、あるいは1年生と2年生が親睦を深める場となっています。2年生にとっても、全体をまとめるリーダー、班長・副班長,スタッフとして、研修内容を企画・運営し、人前に立つ力を養うことにつながります。

◆トップリーダーの声

 オリエンテーションキャンプ(オリキャン)のトップリーダーとして貴重な経験をさせてもらいました。今回トップリーダーを務めるにあたり、僕自身の中で「自由」というオリキャン像を掲げていました。参加者の新入生や2年生が、自由に笑い、自由な発想で2日間を過ごし、仲間と深い絆を育んでほしいという気持ちに基づくテーマです。

 当日までの準備には2ヶ月ほどを要しましたが、細かな計画や運営に関する部分が直前まで煮詰まらず、周りを困らせることもありました。特に、スタッフや各班の班長たちに対して適切に仕事の指示ができなかったことが大きな反省です。自分で全部やろうとしてしまい、遅れが生じてしまいました。しかし、サブリーダーをはじめ、他の2年生が支えてくれたおかげで、充実した2日間にすることができました。当日は1年生が取り組んだ劇の発表や、2年生の寸劇など、僕が思い描いていた「自由」な姿をたくさん目にすることができ、本当に嬉しく思いました。高校時代までにも人前で話をする経験はありましたが、オリキャンを通して全体を見回して指示を出すという自分の中の新しい窓が開けたような気がします。

 来年オリキャンに関わる2年生には、僕が経験した喜びや苦労を伝え、僕達よりも良いオリキャンにしてほしいですし、来年の新入生の皆さんにも、オリキャンの楽しさを肌で体験してほしいと思います。

福元輝貴(子ども学科2年/広島県立廿日市西高等学校出身)

 

  • 2年生が大学のルールやマナーを寸劇で紹介
  • スポーツレクリエーション
  • 壁面構成でもチームワークを発揮
  • 8つの班がそれぞれ「広島」をテーマに作成中
  • 劇で1位!高い演技力でミュージカル風に仕上げました
  • 劇で2位!それぞれの個性を活かした役を演じました
  • 劇で3位!キレのあるダンスを披露しました
  • 2日目の昼食は野外炊飯
  • 薪割りから自分たちで行います
  • 2日間の様々な活動を総合した得点で見事優勝した1班さん
  • 準備から支えた2年生スタッフ
  • 2日間の活動で結束を強めました

一覧に戻る