TOPICS詳細

中国大学バレーボールリーグ戦春季大会 優勝!

共通

広島文化学園大学・短期大学の女子バレーボール部は、中国大学バレーボールリーグの1部(6大学による構成)に所属しています。

今年度の春季大会(総当たり2回戦、全10試合)が4月20日~5月12日にかけて行われ、見事に10戦全勝で優勝しました。春季大会での優勝は昨年に続いて2年連続で、1セットも落とさない完全優勝は初の快挙でした。

山中しづ枝監督はこの日が誕生日。部員からの最高の贈り物となりました。

 

優勝を喜ぶ山中監督と部員たち

【個人賞】

 最優秀選手賞:神代 奈実(学芸学部子ども学科4年)

 セッター賞:神代 奈実(学芸学部子ども学科4年)

 スパイク賞:高田 美優(学芸学部子ども学科3年)

 ブロック賞:高田 美優(学芸学部子ども学科3年)

 

また5月15日(水)には山中監督と部員全員が森元理事長に優勝報告を行いました。

 

森元理事長、田中学長、海見学園長とともに 

 

【キャプテンの言葉】

新チームがスタートして初めての合宿ではたくさんのセットを落としてしまい、課題ばかりが残る合宿となりました。それから春休みの間、文化の伝統である"真剣に取り組みベストを尽くす"を心に練習を積み重ねてきました。この度、中国春季リーグ戦で優勝することができたのも、監督の山中先生はまさに練習の成果だと言われました。試合の前は2部に落ちないようにと言われた私たちですが、試合は相手のことより自分たちが山中先生から学んだことをコート上で一生懸命やることだけを考えていました。その結果、思いもよらぬ失セット0の完全優勝が待っていました。先生は「こんなこともあるんだね」と笑っておられました。まだまだ力が足りません。学園が環境を整えてくださり、たくさんの先輩方、保護者の皆さまのご声援に感謝いたします。

広島文化学園大学・短期大学女子バレーボール部キャプテン 神代 奈実

 

  • 1部リーグの強豪大学相手に熱戦
  • チームワークで勝利を重ね
  • 完全優勝をかけた中国学園大学戦
  • 優勝を決めて大学歌を熱唱

一覧に戻る