TOPICS詳細

リトミック無料体験会

子ども

4月24日(水)に長束キャンパスにおいて、リトミック研究センター広島第一支局の主催による「リトミック指導養成コース」の体験会を実施しました。
参加者のほとんどは1年生でしたが、実習や就職を意識している3年生の姿も見られました。講師の先生のピアノに合わせていろいろなスピードで歩いたり、手遊びの要素が入ったあいさつゲームをしたり、楽しそうに参加していました。
リトミック研究センターによる指導者養成コースを受講すると、初級~上級の指導資格を取得することができます。昨年は上田さん(現4年生)が中級資格を、藤田さん、丸本さん(現2年生)が、初級資格を取得しました。

【資格取得者の声】

上田 保乃香 さん(4年/広島県・広陵高等学校出身)
2年生の時はリトミック指導者資格の初級を取得しました。3年生になって中級のコースに参加し、最終試験に合格することができました。
中級のコースでは2~3歳児に向けた音楽指導の仕方や、母子に向けた音楽遊び、言葉かけの仕方を中心に学びました。それに加えて1歳児研修も受け、より幅広い年齢に対応できるリトミックの知識を得、実践の場を体験できました。
講座には昨年と同様に現役の保育士さんたちの参加が多く、中には園長先生もいらっしゃり、休憩時間などにアドバイスを受けることもありました。
中級コースでは、初級コースよりは指導者としての指導の仕方を考える内容で、幼稚園、保育所だけでなく施設などでも子どもたちへの音楽指導をする際に活用できるのではないかと思っています。今でも、盆踊りなどでコースで習ったことを応用して、子どもたちとリズム遊びをすることがあります。今年度は、上級資格取得を目指して、最終コースに参加します!

 

藤田 初音 さん(2年/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校出身)

私はリトミックを詳しく知らずに最初は受けに行ってました。ですがレッスンを何回も受けているうちにリトミックは将来現場に出た時や実習に行かせてもらった時に自分の持ちネタとして使うことができると気づきました。テスト向けに講習会も開催されるので安心して取り組むことができました。リトミック初級資格を取って良かったと思っています。

丸本 彩佳 さん(2年/広島県立廿日市西高等学校出身)

大変だったことや難しいと感じた事もたくさんありましたが、その一つひとつが良い経験になったし、自分自身も成長できたので、やって良かったです。友だちに誘われて、なんとなく挑戦したのがスタートでしたが、何事もやってみることが大切かなと実感しました。

 

  • まずは先生とのあいさつ
  • 友だちとのあいさつへとひろげていきました
  • ピアノの音に合わせてスキップ
  • リズム遊びでだんだん打ち解けていきました

一覧に戻る