TOPICS詳細

施設実習出発式

保育

保育学科1年生は、2月21日から3月末にかけて、児童養護施設等で施設実習を行います。今回は施設がもつ多様な機能を学び、保育者としての専門性を身につける大事な実習です。

2月8日(金)に出発式を行い、清見学科長から実習の意味と実習に向かう心構えについてお話がありました。参加した学生の気持ちも一段と引き締まったようです。

またこれに先立って1月30日(水)には、昨年実習を経験した2年生が1年生にアドバイスを行いました。初めて施設実習に向かう1年生は不安なことがたくさんありますが、2年生の体験談を聞いて熱心にメモを取る姿がありました。2年生からの具体的なアドバイスは1年生の力にもなり、授業の後には安心の笑顔を見せる学生が多くいました。さらに堀田先生から「施設実習に向けての心構え」という講義もしていただきました。丁寧な事例を挙げてのお話だったので、実習現場の具体的なイメージをもち、資格取得への強い気持ちに繋げることができました。

大学で学んだことを現場の実践で振り返り、実りのある実習にしたいという意欲も高まりました。

 

  • 出発式:学科長より励ましの言葉
  • 実習先施設に分かれて2年生から体験談
  • 2年生からの貴重なアドバイスにメモを取り
  • 講義「施設実習に向けての心構え」

一覧に戻る