TOPICS詳細

卒業研究発表会

子ども

子ども学科では3年次の後期から一人ひとりが設定したテーマで卒業研究を行っています。2月13日には3年生による中間発表、15日には4年生の最終発表が行われました。
3年生の中間発表には2年生も出席し、次年度から取り組む研究のヒントになるように先輩の話を真剣に聞いている姿が見られました。
4年生は緊張しながらも1年半の研究の成果をしっかりと発表していました。卒業後どの仕事に就いても必要である課題発見・課題解決の力を身につけるための大切な学修でした。
これからもこの学びをいかして活躍していってほしいと願っています。

【研究発表のタイトル(一部抜粋)】

「サウンド絵本が子どもに与える影響について」

「男性保育士の役割について」

「子どものより良いインターネットの活用について」

「児童虐待の現状と防止対策ー保育現場に求められる支援ー」

「不登校経験者に対する学校復帰後の支援ー支援校卒業後の課題に着目してー」

「英語絵本と小学校英語共通教材に使用される語数と語彙レベルの比較検討」

 

  • 3年生による中間発表
  • 4年生は1年半の研究成果を最終発表
  • 質疑応答も活発に

一覧に戻る