TOPICS詳細

授業pickup「生活と環境」

コミュニティ生活

 「生活と環境」(担当:矢野孝江非常勤講師)は、1年後期に開講されています。実習や体験を多く取り入れ、生活の中における樹木の利用と再利用を考察しながら、豊かな家庭生活・社会生活を創造する力を養っています。

 

【あかねの森の花壇へ植え込み】(1129日) 

 あかねの森の花壇「あかねの森フラワールド」にて、花壇の手入れをしました。
 かたい土をスコップで耕し、チューリップ、ムスカリの球根、ノースポール、キンセンカ、デージーの苗を植えました。また、記念樹として、オリーブの苗木を2本植えました。
 グループの名前を書いたガーデンフェンスも設置。
 学生からの提案で、コニファーにクリスマスの飾りつけをしました。
 冬の森が華やかになりました。 

 

【しめ縄リースの制作】(1213日) 

 特別講師(橋本真知子)から、しめ縄の由来や飾りの内容について説明を受けたのち、実際にしめ縄リースの制作に入りました。
 藁を湿らして、左巻きに巻いていきます。しっかり力を込めてまかないと藁がほどけてしまいます。ここが一番苦労するところで、皆さん力を出してがんばりました。
 麻縄で縛って輪にしたのちに、飾りをつけていきます。松、松かさ、折り紙で作った扇、縁起物ピックをつけていきます。最後に水引を飾り、完成です。
 最初はできるかなと心配顔の学生たちもできあがりに大喜び。
 お正月に飾り、2019年の門出を祝ってほしいと思います。 

 

【チョコレートワークショップ】(1220日)  

 特別講師(山田ルミ)から、赤道付近でしか取れないカカオ豆(今回はバプア産)の生産環境や生産者の人たちの思いを学び、遠い国からやってくるチョコレートの材料に思いを馳せるために、カカオ豆の入ったキッドを使いチョコレートワークショップを行いました。
 カカオマス、ココアバターを細かく刻み、温度管理をしながら溶かしていきます。
 精錬(コンチング)、調温(テンパリング)、充填、冷却の一連の作業を行い、完成です。
 カカオ豆を炒って、中からカカオニブを抽出。殻をお茶にして飲み、ミルクチョコレートとビターチョコレートの試食をしました。
 自分たちでつくったチョコレートの味は格別のようでした。

 

  • コンテナに植物を植えて学内で育成
  • 個性的なコンテナが並びます
  • あかねの森の花壇を手入れ
  • コニファーにクリスマスの飾りつけも
  • しめ縄リースの制作に四苦八苦
  • 水引や飾りを付けて完成
  • カカオマスなどを溶かしていって
  • チョコレート作り

一覧に戻る