TOPICS詳細

ひとり暮らし高齢者のクリスマス会

食物栄養

1215日(土)に大学近隣のひとり暮らし高齢者を対象とした「クリスマス会」が開催されました。食物栄養学科と安佐南区長束西学区社会福祉協議会が共同で毎年実施し、今年で20回目になります。栄養士をめざして調理や栄養を学ぶ1年生がさらに成長できる大切な行事です。食事はフルコースを給食実務実習室で調理します。サービス、テーブルのアレンジ、会場の装飾、余興、そして音楽演奏と調理だけでなく学生のおもてなしの心が育っています。今年は食物栄養学科2年生有志によるハーモニカの演奏もありました。

 

【フルコースメニュー】(873kcal

(ドリンク) スパークリングワイン

(オードブル)マグロのタルタル

(スープ)  パンプキンスープ

(メイン)  ロールキャベツ~きのこソース~

(デザート) リースドーナツ  コーヒー

 

【学生コメント】

室山 茄奈 さん(1年生/広島市立広島商業高等学校出身)

メインはロールキャベツのソースに、ホワイトソース、トマトソース、きのこソースの3種類の試作を繰り返してやっとできたので達成感がありました。ロールキャベツを煮込んだスープをソースに加えて、肉の旨味を引き立てる工夫を考えました。みんなで味見をして、誰が食べても美味しいと言ってもらえるメイン料理になったと思います。村田セミナーのみんなで協力してクリスマス会を終えることができました。準備は大変でしたが、できるようになったこともたくさんあったので、楽しかったです。

向井 優那 さん(1年生/広島県立西条農業高等学校出身)

初めての経験でしたが、先生や先輩のフォローがあり、とても助かりました。お客様とのコミュニケーションの取り方や皿を運ぶタイミングなど、戸惑うこともありましたが、接客の仕方がイメージできて実際に行動できたので良かったです。来年もやりたいと思いました。

大石 純嗣 さん(1年生/山口県・高川学園高等学校出身)

サービスを担当する中で高齢者の方々と交流し、食物の嗜好性や要望を詳しく聞くことができました。「美味しい」と言葉をかけられるとこのボランティアに参加してよかったと感じることができました。自分が栄養士として料理を作るための良い経験になり、今後に活かせると思います。

 

クリスマス会を終えて

 

  • クリスマスフルコースの大量調理
  • フルコースメニューの完成
  • 学生からのクリスマスメニュー紹介
  • 学生サービス担当がおもてなし
  • 楽しいビンゴゲーム
  • デザートのクリスマスリースドーナツ
  • 食物栄養学科有志によるハーモニカ演奏
  • 音楽学科学生によるクリスマス演奏
  • 調理担当グループ
  • サービス担当グループ

一覧に戻る