TOPICS詳細

ひろしまフードフェスティバルに参加

食物栄養

食物栄養学科の江坂セミナーでは、2009年より地元野菜「祇園パセリ」のメニュー開発やPR活動を行っています。今年度はその一環として、1027日、28日に祇園パセリを生産している祇園出荷組合の方々と「ひろしまフードフェスティバル」に参加しました。メイン会場に設置された広島市安佐南区のブースで2年生8名が作った「パセリ入り餃子」を販売しながら、「祇園パセリ」をPRしました。2日間で300食作り、完売しました。

 

祇園出荷組合の方々や江坂美佐子准教授(指導教員)と

 

【学生の声】

宮岡 真那 さん(2年生/広島県・進徳女子高等学校出身)

 今回初めてフードフェスティバルに参加させていただきました。本番を迎えるにあたって、パセリ餃子を約900個包み、冷凍餃子でも美味しく焼けるように試作を積み重ねてきました。その成果もあり、本番では失敗をすることなく、2日間とも午前中に完売をすることができ、とても嬉しかったです。とても貴重な経験をすることができたので、これからも多くの活動に積極的に参加をしていきたいです。

増村 うみ さん(2年生/広島県立高陽東高等学校出身)

 フードフェスティバルまでに打ち合わせや試作を重ね、当日もたくさんの人に美味しかったと言っていただき、頑張って作った甲斐があったなと思いました。当日だけでなく準備段階でも、江坂セミナーのメンバーやたくさんの人に協力してもらい成功できたので、来年もぜひ続けてほしいと思います。食物栄養学科での毎年恒例のパセリ餃子出店に関われて嬉しかったです。

 

  • 試作で900個の餃子づくり
  • ひろしまフードフェスティバルの販売ブース
  • 焼きたての「祇園パセリ入り餃子」を
  • 笑顔で販売
  • 店頭に立って積極的に販売活動
  • 祇園パセリの魅力をしっかりPR

一覧に戻る