TOPICS詳細

初めての病院実習が終了

看護

2年生の初めての病院実習(基礎看護学実習I)が終了しました。病院内の色々な施設・設備を見学するとともに、看護師さんと行動をともにして実際の看護場面を見学しました。学内で学んだ看護の知識が、実際の看護場面とつながって理解でき、看護のすばらしさを感じる実習でした。

この基礎看護学実習Iでの出会いと感じたことを忘れず、今後も理想の看護師に近づけるよう頑張っていきましょう!

【実習を終えて】 

土肥 和弥 さん(広島県・如水館高等学校出身)

 初めての病院実習で緊張と不安がありましたが、看護師さんがバイタルサイン測定をしながらコミュニケーションを同時にとられている姿を見て、自分にはまだできないことなので「すごい!」と思いました。基礎看護学実習Iを終えて、看護師になりたいという気持ちがより強くなりました。

 

中上 芽衣 さん(広島県立広島皆実高等学校出身)

 病院実習では、看護師は患者さんに一番身近な存在として多職種連携の中で重要な役割をしていると感じました。また、自分なりに実習に向けての準備とイメージを膨らませて病院実習に臨みましたが、脈拍を1分間測定することに集中しすぎて、声かけが少なくなってしまいました。看護師は対人援助職という視点をもう少しイメージしておけばよかったと思いました。次回の実習に向けて、学内で学んだことを生かしていける応用力を身につけていきたいです。

 

岩田 大輝 さん(広島市立美鈴が丘高等学校出身)

 病院実習では病気の名前を聞いた時、必要な援助と病気がつながらず学習不足を痛感し、知識を深めていける学習をしないといけないと感じました。しかし、患者さんのバイタルサインを測定した時、感謝の言葉をいただいてとても嬉しかったことに加え、今後もその言葉を胸に努力していこうと思いました。今後はしっかり復習し知識を深めて援助の質を上げていけるよう努めていきたいです。

 

古田 有理紗 さん(広島県立総合技術高等学校出身)

 病院実習で印象に残っていることは、看護師さんは短い時間でも患者さんからたくさんの情報を得ていたことです。私はメモをとりながらでしたが、看護師さんは患者さんの発言等を記憶しながら援助を行っていました。常に先のことを考えている看護師さんを見て、自分も効率よく動き、素早い判断ができるようになりたいと思いました。

 

  • 実習での学びをポートフォリオに
  • ポートフォリオ作成に向け教員からの助言
  • 実習指導担当教員と実習終了後の評価面接
  • 実習頑張りました!これからも頑張ります!

一覧に戻る