TOPICS詳細

高大連携公開講座

子ども

本学は「教育ネットワーク中国」に加盟し、高校生を対象として特別に企画した公開講座を毎年行っています。子ども学科では、8月21日(火)「小学校の先生になるための体験授業」という講座を開講し、高等学校8校から14名の生徒が参加しました。講座では、3つの体験授業を実施しました。 

1つ目は「音楽科」(担当:大迫知佳子准教授)。小学校の音楽の授業で扱う「表現」と「鑑賞」の両方の指導に必要な「音楽の要素」を、誰もが知っている「赤とんぼ」の分析で取り出してみました。小学校の音楽って奥が深い!グループで頭をひねりながら、楽譜とにらめっこした90分でした。

2つ目は「道徳科」(担当:時津啓教授)。小学校で新しく教科になったことを踏まえ、新たに重視されるようになった「話し合い活動」を実践!グループに分かれて自分で意見をまとめ、グループ間で話し合い、最後に全員に向けてプレゼンテーションを実施しました。

3つ目は「英語科」(担当:山内優佳講師)。小学校で経験したような懐かしの英語クイズを体験!授業で必要になる英語を練習し、先生役にも挑戦してもらいました。

 

  • 音楽科の体験授業
  • 道徳科の体験授業
  • 英語科の体験授業

一覧に戻る