TOPICS詳細

HBG重度・重複障害児スポ・レク活動教室「はなまるキッズ」の活動(プール運動)

スポーツ健康福祉

7/28()に続いて8/25()に、広島市心身障害者福祉センターのプールで、HBGはなまるキッズ「夏だ!プール運動!」を開催しました。日頃は寝たきりや同じ姿勢で過ごすことが多く、生活のほとんどに介助を必要とする障害の重い子どもたちに対し、いろいろな姿勢で楽しく水に浮く事を目的として、多くのボランティア支援者や学生達が運動支援を行いました。

ボランティア支援者と学生たちは、子どもたちがプールに入る前にプール指導に係る事前研修を実施しました。実際のプール運動教室では子どもたちの笑顔も多くみられ、元気に楽しくプール運動ができました。

9/29()には、坂キャンパスで、スクーターボード運動やトランポリン運動などを実施します。今後も、重い障害のある子供たちの運動・スポーツ支援について、多くのボランティアや学生たちで支援内容の充実、支援技術の向上に努めていきたいと思います。

【学生たちの感想】

・子どもの表情がとても柔らかな感じで、リラックスしてプールを楽しんでいると思いました。また、日頃の授業で話を聞くのと実際の体験ではイメージが全然違うのだと思いました。

・ボランティア支援者や学生同士で支援の仕方を実際に体験してみて、水に浮くためにはリラックスして力を抜くことが大切だということがわかりました。

・支援する側は子どもたちの緊張をいかに少なくすることができるか、適切な声かけができるかということが大切だと思いました。

・プール運動の支援では、背浮きのやり方が難しく、背中だけに手を添えるというところがなかなかできなかったと思います。

・子どもたちに重度障害があっても、特殊なマットやクッションなどの道具を工夫して使うことで、プールで楽しく運動することができるのは、親にとっても子どもにとっても良い体験になっていると思いました。このスポーツの可能性を、もっとたくさんの人に知ってほしいと思いました。

 

  • 介助平泳ぎで支援者が作ったアーチくぐり
  • うつ伏せ姿勢で介助平泳ぎによるスポンジアーチくぐり
  • 支援者と学生が支援の方法を共に考えながら
  • 介助平泳ぎについて指導を受ける学生
  • リラックスした仰向け姿勢で背浮き

一覧に戻る