TOPICS詳細

高大連携公開講座を開催

共通

本学は「教育ネットワーク中国」に加盟し、広島県内と山口県岩国地区の高校生を対象として特別に企画した公開講座を毎年行っています。

すでに保育学科が4月から6月にかけて「保育のためのピアノレッスン」を開講しましたが、8月21日(火)に3学科で合わせて7つの講座を開講し、15の高等学校から42名が参加しました。

 

1.アクリル絵の具でネイルアート(田中美貴教授/コミュニティ生活学科)
【受講生の感想】
 説明がわかりやすくて初心者でも楽しくできました。来年のオープンキャンパスにも来てみたいです。
 
2.布と遊ぼう~1枚の布からドレスを考える~(今井裕子教授/コミュニティ生活学科)
【受講生の感想】
 布とまち針だけで人が着られるドレスになるのにすごく驚きました。いろいろな布からデザインや形を考えるのがおもしろかったです。
 
3.ブライダル業界で活躍するために(烏田いづみ教授/コミュニティ生活学科)
【受講生の感想】
 ブライダルに関わる仕事の種類がたくさんあることがわかりました。この講座で専門学校への進学を考えていた気持ちが動きました。いろいろなことを学んで吸収していくのには、コミュニティ生活学科の環境は最適だと思いました。
 
4.やさしいインテリアデザイン(古川博仁教授/コミュニティ生活学科)
【受講生の感想】
 総合的な学習の時間に、色、服、インテリアについて研究しているので、色彩の効果について学べてよかったです。パソコンを使ったCADでは、家具や床に自分の理想的な色をつけることができました。
 
5.ビジネスマナー講座(久松政司准教授/コミュニティ生活学科)
【受講生の感想】
 クラブで礼儀について学んできたけれど、社会に出たらもっとたくさんのことを覚えて、相手のことも考えた行動をしないといけないと感じました。
 
6.食べ物と健康~食事からできる健康づくり~(江坂美佐子准教授/食物栄養学科)
【受講生の感想】
 お弁当は詰めるだけの簡単な作業だと思っていたけど、実際にやってみると大変なことに気づきました。想像よりも野菜やお米の量を増やさないといけないことも知れてよかったです。
 
7.暮らしの中の心理学(田頭伸子教授/保育学科)
【受講生の感想】
 心理学は思っているよりも身近で、一番大事な学問かもしれないと思いました。90分の授業で一度も集中力を欠けず、ずっと「おもしろいな」と思いながら受けました。

 

一覧に戻る