TOPICS詳細

1年生「赤ちゃんふれあい体験」

保育

613日、20日、27日の3日間、1年生が3つのグループに分かれて、「赤ちゃんふれあい体験」を行いました。1年生は秋の教育実習まで、幼児と触れ合う機会がありません。そこで、学内の子育て支援の広場に遊びに来られるご家族の協力を得て、「ふれあい体験」を昨年から始めました。

5~6人が1つのチームとなり、参加の6家族にインタビューします。子育ての楽しさや大変さをリアルに学習させていただく機会です。何より、赤ちゃんの表情やしぐさがすべてかわいらしく、予想を超えた楽しい反応も、保育への思いを高めてくれます。

 

【学生の感想】

・お母さんに子育てで一番幸せを感じる時を聞いてみたら、皆さん、特別なことではなく、寝顔や笑顔を見た時とおっしゃっていました。成長するたびに、できることが増える喜びとともに、目配りや配慮が増えて大変だという話も聞けて、前より子育てのイメージがわきました。

・一人ひとりの赤ちゃんが、性格や好き嫌いが違って、聴いてみたらすごく面白いなと思いました。

・お母さんたちの子どもたちへの接し方も勉強になりました。

・子どもの笑顔は本当に元気をもらえて、早く実習をしたいと思いました。たくさんふれあうことができて良かったです。

  • 真剣にメモしていますね
  • はい、ありがと
  • かわいい!
  • あらあら、赤ちゃんはスヤスヤ…
  • パズル、上手にできました
  • 一生懸命ですね、何の質問かしら?
  • 赤ちゃんとアイコンタクト♪
  • 抱っこさせてもらった!!
  • 集中していますね
  • ハイハイを体験

一覧に戻る