TOPICS詳細

HBG重度・重複障害児スポ・レク活動教室「はなまるキッズ」の活動について

スポーツ健康福祉

今シーズンも本学広島坂キャンパスで「HBGはなまるキッズ」の活動がスタートしました。昨シーズン同様、毎月1回の実施を計画しています。

現在、428日(土)、526日(土)、6月23日(土)に活動を実施し、昨年度よりも多くの重度・重複障害児や、医療・福祉関係職、特別支援学校教諭などのボランティア支援者や学生の参加がありました。そのうち学生の参加は、スポーツ健康福祉学科1年生や健康福祉学科の2〜4年生に加え、看護学科4年生の参加がありました。

 

真っ赤な「HGBはなまるキッズ」のサポーターズユニフォームを着用して参加者約80名による集合写真

 

「HBGはなまるキッズ」に参加する重度・重複障害児は、身体および知的にも最重度の障害のある子どもたちで、中には吸引や注入などの医療的なケアが必要な子供達も参加しています。また日頃は車椅子で同じ姿勢を続けていたり、ベッドやフロアーで寝たきりで過ごしたりしていることが多く、音声言語でのやりとりや主体的な手足の動きにも様々な課題があります。このような子どもたちへの運動支援は、より高度な専門的知識と経験が必要となります。

実際の活動では、学生たちはベテランのボランティア支援者とペアになり、子どもを抱きかかえる方法、言葉かけ、身体面の安全管理、スポーツ用具の効果的な使用法などについて、多くのことを直接教わりながら、子どもたちとのやりとりを通じて体験的に学びを深めています。学生からは、「支援者の方の言葉かけがすごい」「子どもへの接し方が勉強になる」「障害が重くても楽しめるスポーツがあることに感動した」「子どもたちの笑顔を見ることができるのが楽しい」などの感想が寄せられています。

学生たちは「HBGはなまるキッズ」に参加することで、重度・重複障害児がスポーツをすることが可能なように道具や指導方法を工夫したアダプテッド・スポーツを通じて「人とのやりとり」を楽しみながら貴重な経験を積み重ねています。

今後も、地域で暮らす重度・重複障害児を対象としたアダプテッド・スポーツ活動を通じて、一般ボランティア支援者や学生たちとともに対人援助技術を高める活動を継続していきます。

 

詳しくはこちら

 

一覧に戻る