TOPICS詳細

授業pickup「日本文化入門」

コミュニティ生活

教養科目「日本文化入門」(道本久枝非常勤講師担当/2年前期)は、コミュニティ生活学科と保育学科の学生が受講しています。この授業の一環として、広島市西区の茶道上田宗箇流家元屋敷にある上田流和風堂を訪問し、講話とお抹茶をいただきました。和風堂は「原爆の日」に各国大使をお招きするなど世界的にも有名です。
まず、高橋元気さん(コミュニティ生活学科2年/松陰高等学校出身)が学生を代表して挨拶したあと、藤原事務局長から和風堂移築や海外の方との文化交流などのお話を聞きました。そして田口楓さん(コミュニティ生活学科2年/広島県立三次高等学校出身)がお礼の言葉を述べました。
次に、和風堂の建物を見せていただき、敬慎斎で薄茶をいただきました。お茶菓子は「結び笹」の名を持つ和菓子で、おいしくいただきました。
最後に中元優希さん(コミュニティ生活学科2年/広島県・清水ヶ丘高等学校出身)が学生代表で挨拶をしました。
また翌週の授業では、和風堂で体感した「おもてなしの気持ち」をもって、教職員の方々におもてなしをさせていただきました。

 

受講学生の感想

 

  • 和風堂の敬慎斎で掛け軸やお花を拝見
  • 藤原事務局の講話
  • 薄茶はこの井戸から水を汲んで
  • お茶菓子をいただく作法の勉強
  • お茶菓子の名は「結び笹」
  • 「おもてなし」の薄茶をいただく
  • 授業担当の道本先生(左)
  • 和風堂の数寄屋門にて
  • 学内茶室で学生の手による書とお花
  • お茶菓子を準備して
  • お茶をどうぞ
  • 学生同士でもおもてなし

一覧に戻る