TOPICS詳細

包丁研ぎ講習会

食物栄養

食物栄養学科では、今後調理と関わる仕事に就く学生達へ技術の向上として、毎年「包丁研ぎ講習会」を開催しています。今年も2年生の学生を対象に、学生の包丁を購入している「小早川商店」の小早川章三さんを講師としてお迎えし、開催しました。

講習会の中では、包丁が出来る過程のお話や、包丁の種類について等、普段聞くことができないことを多く学びました。その後、包丁研ぎを目の前で見せていただき、圧倒されました。学生が実践する際には丁寧に指導してくださり、参加した学生は初めての包丁研ぎに戸惑いながらも挑戦し、一生懸命取り組みました。

【学生の感想】

杉山 晴菜 さん(広島国際学院高等学校出身)

初めて包丁を研ぎました。荒砥石、中砥石、仕上げ砥石の3種類があり、どれも普通の石だと思っていたのですが、ザラザラしているもの、ツルツルしているものなど、それぞれの石の働きがあり驚きました。最初だれでも簡単に包丁を研げるものだと思っていましたが、研ぐ角度やスピードなど細かい作業が多くて意外と難しかったです。普段なかなかすることのできない貴重な体験ができたので良かったです。とても楽しかったです。

和手 茜 さん(広島県立湯来南高等学校出身)

参加して良かったと思いました!生で包丁研ぎの仕方を見ることができ、職人さんは全然違うと思いました。研ぎ方もまだまだですが、できるようになったので良かったです。もっと包丁を大切にしようと思いました。

 

  • 包丁の種類について説明
  • 包丁研ぎ指導
  • 自分の包丁を持って包丁研ぎに挑戦

一覧に戻る