TOPICS詳細

ボランティアサークルがお茶会サロンを共催

看護

ボランティアサークル共催のお茶会サロンが開催されました。看護学科から加藤重子教授と4年生1名が参加し、「3.11.未来への手紙」の作成をしながら6年前と今を一緒に考え、恒久平和を願いました。また福島の芋煮と牡蠣ご飯を一緒に作り、避難者のお話を傾聴しました。4年生の藤原貴幸さん(広島県立呉宮原高校出身)は調理で活躍してくれました。

  • 参加されたみなさんと
  • 恒久平和を願いながらさまざまなお話

一覧に戻る